rozen091210
『週刊ヤングジャンプ』連載、作/PEACH-PIT「ローゼンメイデン」の第20回
金糸雀(かなりあ)が壁を砕いたことによりジュンと真紅たちは再会を果たす。と同時に現れた巨大な柱時計。そもそもジュンが舞台用に作った大道具なんだけど、これが何故だか雪華綺晶(きらきしょう)と深いつながりがあってどうやら元の世界に戻すための鍵みたいなのだ。
「あの時計が再び動きだせば元の世界に戻れるハズ」との考えから何とかしようとするものの所詮は舞台の大道具。機械など組み込んでるわけがなく通常では絶対に動きません。でもそこに「あの時計を動かせる」と言ってきた人物が居ようとは!!
rozen091210-
蒼星石です。ジュンがマスターになったことからジュンの命令には純朴に従うみたい。でも「翠星石の如雨露」が無ければダメとのこと。"庭師の双子"が揃ってこそ発揮できる能力があるらしく、それを叶えるには水銀燈が持ってる人工精霊のレンピカを一時的にでも開放してもらうしかないみたいですね。でもそんなこと水銀燈が絶対許可しないだろうし…いったいどのようにして翠星石を復活させるのだろうか!?

一方、"まいた世界"のジュンは雪華綺晶のアジト近くまで侵攻してある物を探していた。ラプラスの魔が何かと話しかけてくる行為にいらだちを覚えるも、クレバスとなってる台地の奥深くにソレはあった!!
rozen091210-1
それこそ捜し求めていた本物の真紅のボディです。どうやら雪華綺晶は地中の奥深くに隠してたようですね。でもそこまでたどり着く方法が無い。ラプラスの魔にけかけられジュンが取った方法とは、トゲのあるいら草を丁寧に三つ編みにして縄を作り 下まで降りようということ。「あいつに笑われたくないから──」と必死に編み始めたのはこれもひとえに"まかなかった世界のジュン"との約束があったから。
元の世界に戻すため"まいた""まかなかった"二人のジュンは動き始める! つづく

鳥山明×桂正和のタッグで始まった「JIYA」って全3話の短編なんですね。昔あった「キャッシュマン」あたりの、ヒーローなんだけど完全無欠のヒーローじゃないところがいかにも鳥山明らしいと思いました。
スポンサーサイト