saki091212
今日は色々と買ってきましたがそのメインとなるのがこの「咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK」。アニメが終了して二ヶ月ちょっと経ちますけどようやく唯一のアニメムック本が発売です。2500円するだけにカラー満載。冒頭は写真右のようにアニメディア・メガミマガジン・娘TYPE・アニメージュ・電撃G'zマガジン等のアニメ誌で発表された版権イラストを一同に集結。これだけで充分にお腹いっぱいな気分になれます。

各キャラクター紹介は当然ながら各話フィルムダイジェスト、スタッフインタビュー、メインキャラインタビューなどの読み物記事も充実。残念とすればキャラクターグッズについては全く触れてないこと。また最終回の全国大会の新キャラについてはほとんど書かれてないのに不満が残りましたね。もっともこの件に関してスタッフインタビューにてこんなことが書かれてましたが。
・全国大会のキャラに関して小林先生は初期の段階から決められており、だいたいこういう話になると伺っていた。またこのキャラはこういうことをするというのも聞いていたのでそれを元に作った。
・小林先生のラフを設定扱いにして描いてもらったのでスタッフとしてはあまり苦労しなかった。
いずれは全国大会編もやりたいですね。

へ~と思ったのは15話でかじゅ先輩が咲に対して槍槓を決める演出。宙に浮いて槍を投げるのですけどこの時の衣装は小林先生が以前描かれていたマンガから一部拝借したとのこと。ってことは「FATALIZER」がそのマンガで間違いないんですよね!? よしっ機会があったら調べてみよう。

・電撃文庫MAGAZINEを買う
saki091212-3
付録がインデックスのフィギュア+表紙絵柄の特大ポスター(594×841ミリ。絵は原作ラノベ絵師の灰村キヨタカ氏)だし、「大特集 とある科学の超電磁砲」と表紙に大きくあったものだから買ったんですよ。
付録はともかく超電磁砲の特集には大いに失望したね!!
確かに巻頭10ページ特集なので「大特集」と言えばそうでしょうよ。でもJ.C.STAFFによる見開き描き下ろしイラストを除けば13話までのストーリー紹介に2ページ、初春役の豊崎愛生さんインタビューに4ページ、宣伝を兼ねた鎌池和馬メディアミックス情報等に2ページなど、一番知りたかった今後の展望とかスタッフインタビューなどは全く無し。私としては肩透かしでしかありませんでした。同じメディアワークスなんだから冬川基氏にせめて4コマ漫画を描いてもらうぐらいできなかったのかと。
電撃文庫MAGAZINE 今月号

・「超電磁砲」のアダルト同人誌を買う
saki091212-1
メロンブックスに行ったら今日発売の「とあるパンツの超電磁砲」なるアダルト同人誌があったので購入。佐天×初春が真っ最中なのを黒子が見てしまい一緒に自慰。ムラムラした気持ちは収まらず美琴に薬を飲ませて行為に及ぶ場面で木山先生が合流。更に当麻まで加わったことで、百合・SEX・自慰・生えてくるジャンルまでカバーしている手広い内容になってます。
B5/44ページ 945円 サークル:ねこはまんまがうつくしい

右は今日から配布?のコミケ77の企業パンフ。私は相変わらず行く気はないので大して関心は無いのですけど表紙の女の子が魅力的。よく見りゃ「偽MIDI泥の会」の石恵さんのイラストなんですよ。無料なんだしこりゃ表紙目当てだけでも手にして損はしないでしょう。

・エスプリト4巻を買う
saki091212-2
4巻表紙は幼児っぽいけど一番偉いロッテ理事長。今回も着せ替えカバー目当てでメロンブックスで買いました。左は作者が描いたサンタ衣装なロッテですが、右はえれっとさんが描かれたものなんです。よって「ちゅるやさん」好きな人も注目してみてくださいよ。
「エスプリト 4巻」着せ替えブックカバー!!
 <Amazon>
咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK
電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2010年 01月号 [雑誌]
エスプリト(4) (BLADE COMICS)
スポンサーサイト