toal091226
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の27話
暗部組織『アイテム』の一員・フレンダと美琴との戦いの続きです。原作小説15巻で初登場した『アイテム』の中で彼女の能力だけは不明でしたがこの漫画では"切断と爆破"の能力となりました。

行き止まりの部屋に追い詰めた美琴。しかしそれは罠。「追い詰めたほうが追い詰められてたってのはよくある話な訳よ!!」と爆弾の導火線に火を点けるフレンダ! でも美琴は慌てず騒がず磁力で床を持ち上げて導火線を断ち切ってしまいます。
 さすがレベル5は伊達じゃありません
でも伊達じゃないのはフレンダとて同じ。今まで数多くの相手を屠ってきただけに空かさず次の策を打ってきた。スタングレネードによる爆音と閃光で美琴の耳と眼を塞ぎます。そこへ手製の小型ミサイルを発射!! 爆発によりあわれ美琴はバラバラに──なるわけないね。
木山先生との戦いであったように美琴はAIM拡散力場によって絶えず電磁波を発しておりそれがレーダーの役割をしている。眼と耳を塞がれたからといってミサイルの接近に気が付かないわけがないんだよねー。
toal091226-
パンツ要員・絹旗最愛でもないのにフレンダのパンツが2度も登場したのは原作で活躍できなかったからなのか?
いよいよ追い詰められたフレンダの最終手段、それは気体爆薬『イグニス』。ちょっとの電流・火花で引火するというので美琴は下手に動けません。これぞ美琴の能力を塞ぐ最大の武器!! そういや超能力漫画の代表的な作品「超人ロック」でこんなこと言ってたっけ。「超能力者同士の戦いで一番怖いのは超能力を封じられること」だと。

今がそのときだと果敢に攻めるフレンダに対し能力が使えない美琴は防戦一方。勝利を確信したフレンダは「コイツに私は殺される為に生まれてきたんだってね」と言うのですがコレが美琴の気持ちに火を点けた。妹達が死を平然と受け入れていることに腹が立ち、計画を妨害するため施設を破壊してきたのだ。それを思い出させたフレンダの言葉は火に油を注ぐようなもの。キレた美琴の反撃が始まります。
この際、導火線に火が点いても爆発しなかったことから気体爆薬のことなど嘘八百・八百長・ハッタリだと発覚。
toal091226-1
「てへっ」と皮を被る猫を被るフレンダですが美琴の怒りは収まらず、断末魔の叫びを残して美琴は勝利するのでありましたー。 つづく

残るは3人。いきなり頂上決戦は無いだろうし滝壺理后は戦闘向きじゃないことからたぶん絹旗最愛でしょう。パンツ要員なだけにフレンダ以上のものを期待します。
アニメのサントラアルバムが1月29日に発売されるほか、新OP/EDの発表がありました。OPは引き続きfripSideが歌って2月17日に発売。今回も限定版があることからプロモーションビデオにマギー審司が再登場するのは間違いない!? そういやアニメで声優として参加するという話は噂だけだったのかな。
電撃大王 2010年 02月号 [雑誌] とある科学の超電磁砲 御坂美琴Tシャツ ブラック サイズ:L
電撃大王 2010年02月号  とある科学の超電磁砲 御坂美琴Tシャツ ブラック サイズ:L
「とある科学の超電磁砲」ORIGINAL SOUND TRACK 1
スポンサーサイト