dura100113-
『月刊Gファンタジー』連載、「デュラララ!!」の1巻です。
電撃文庫の同名のラノベをコミカライズしたもので、早くて今月7日からアニメ放送が開始ということなので読んでみたんですよ。う~ん、これはどう説明するべきか…作者は他に「バッカーノ!」を書いてることから大雑把にコレで例えるなら、池袋を舞台に「バッカーノ!」をした感じ? 「バッカーノ!」は強盗やらマフィアやら多種多様な人々が一つの列車に居合わせたのと同じく、「デュラララ!!」では非日常に憧れる少年・危険な情報屋・闇医者・池袋最強の男・首無しライダーといった多種多様な人物が池袋で一騒動起こすといった内容。

竜ヶ峰帝人──池袋の私学に通うため東京にやって来た高1の主人公。非日常に憧れを持つ。
首無しライダー──本名 セルティ・ストゥルルソン。欧州の妖精の一種で20年前に首を無くし、それを求めて日本にやって来た。裏の世界で運び屋をしている。実は女性でメインヒロイン(原作では)。首が無いヒロインというのは…どうなんでしょ。
折原臨也──危険な情報屋。1巻では自殺サイトに募集してきた女性を殺そうとするなど暗躍。
平和島静雄──池袋最強の男。1巻ではちょっとだけしか出てきません。
岸谷新羅──闇医者。セルティと同居している。

ごく一部ですけどこういった人たちが登場してきます。1巻は顔見せが主で各人物の接点はあまりありませんが、これからどうやって点と点とが結びついていくのかが見どころでしょう。特に主人公の帝人は初上京で世間知らずなところがありますけど実は池袋のこの情勢に大きく関わっていたりします。その紐解きがされるとき、あっとなるかもしれません。
dura100113
尚、オタな人物が出てくることもあって「うみねこ」やら「咲-Saki-」の話題がありました。特に「咲-Saki-」は5巻と6巻の表紙が描かれてたり、6巻購入特典のアニメイト版・とらのあな版の詳細が説明されてるなどファンには嬉しい内容でした。さすがスクエニ、自社の作品だからやってくれましたね。
まだ至らぬ説明は下記のトレーラーをご覧ください。ここでも「狼と香辛料」のホロが出るなど、他作品の出演は今後も期待できそう!?

デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)
デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)