medaka100114
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第33箱
新年最初はドベ2の順位。「あねどきっ」が3連続最下位で、こりゃもう本格的にヤバイでしょう。もし終了したら今度はめだかの番になるのは必死!? そうなったらとてもじゃないけどフラスコ計画を潰すまでには至らないので、パンチ一発で『十三組』が2・3人倒れるなど"ソードマスターヤマト"な内容になるかもね。

高千穂を倒して地下2階に進んだめだか達。そこは意外にも日本庭園のような場所でした。めだかいわく"ビオトープ"の一種だそうですけどその詳細は検索してみてください。「生物空間」といった意味らしいですよ。
植木に水をやるなど待っていたのは宗像形。めだかには興味の無いふりをして通り過ぎるさま刀を一閃! 危うく頚動脈を斬られるところでした。これが宗像形の本性です!!

何しろ5歳で最初の人殺しをして以来、世界各国で殺人を繰り返してきたという根っからの殺人者。殺す理由は「だから殺す」。宗像にとっては空気を吸うようのと同じように、殺人を犯すのはごく当たり前な行為なんでしょう。
なんかムチャクチャにイカれたヤツですな。まぁ西尾維新氏らしいって言えばらしいけど、少年誌でやるにしちゃ過激とも思えますがね。

ここで真黒兄さんがガバッとめだかのオッパイ鷲掴みで乱入。サービスカットを兼ねて乱神モードにさせることで怪我の回復を図るというのは(読者視点では)妹思いのいいお兄さんだこと。
medaka100114-
しばし休息を取るめだかに代わって登場したのは誰あろう善吉。アブノーマルなめだかの傍に絶えず十三年間 居続けた男の見せ場は今! 遂に能力に目覚める展開なのか!?
素手と本身の戦いでは圧倒的に不利でしょうけど何か秘策があるに違いない。そこに期待して勝利して欲しいものです。 つづく

今回は合併号なので次は二週間後の18日になります。もっとも9日には『赤マルジャンプ』で番外編が掲載ですからそちらも楽しみ。
めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)
めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト