megami100112
『まんがタイムきららフォワード』に連載していた「メガミのカゴ」の最終4巻です。
見た目に"委員長"な宮本明美は生徒の相談ごとを解決する「メガミ委員会」の委員長に任命され、その活躍を描く学園コメディ。今回の相談は「面白い漫画を描きたい」とのことで明美を主人公に数々の超人的な活躍を考えたりするのが最初にありました。あとは──それだけです。というのも「終了まであと○回」というのを考えていたようで物語の回収に当たらせる学園祭の話と生徒会長への任命の話が大半を占めているからです。
その中においてやりたいことをやった感がしたのは「委員長の休息」というお話。
megami100112-
ビーチバレーでビキニ水着を披露したり、温泉で先輩からおっぱいを激しく揉まれるなど読者の要望に応えまくった内容でした。もしこれを以前にしていれば連載がもっと続いたかもね?

学園祭でもサービスで猫ミミキャラを演じる明美。その一方で過去キャラの再登場させたり新キャラに改めて明美の存在感をアピールさせるなど、明美の人間性の魅力を掘り起こします。そこへ最後のストーリー、現生徒会長から次期生徒会長に推薦されます。普通なら受けて綺麗に終わるところなんでしょうけどそうじゃないのが目新しい!
megami100112-1
ハッキリ断っちゃうんですね~。なぜか? その理由は過去にさかのぼるんですけど明美らしいと言えばらしい理由でした。でもこのままじゃ物語が完結しません。そこをどう完結させるかは明美のとある活躍にかかってます。
最後の数ページは何気ない日常。そこから綺麗に終わり「読み終えて良かった~」と思いました。委員長オブ委員長の学園コメディーの結末を見届けてみてください。
 <過去記事>
メガミのカゴ 委員長に任命された女の子が悩み事を解決する委員長コメディー(08/8/16)
メガミのカゴ 2巻 風紀委員など新キャラ追加でますます賑やかに(08/12/15)
メガミのカゴ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
メガミのカゴ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
スポンサーサイト