renai100124
『まんがタイムきららフォワード』新連載、作/ミズタマ「恋愛専科」の第2話
え~書いちゃっていいんでしょうかね。実は1話をレビューした際に作者のミズタマさんご本人からお礼のメールをいただきました。全く思ってもいなかっただけに嬉しかったです、ありがとうございました。ただ、私は冬コミには行ってないのでどなたかと勘違いされてるとは思うのですがね(笑)

名門・櫻小路学園に奨学生で入学した5人は「恋愛専科」なるクラスに振り分けられる。このクラスの目的は男性に愛されること、すなわち「キスされること!
早速 担任の薮田先生に思い切ってキスをした理事長の娘・京ですが(女性が苦手な薮田は失神)「今のは最も恥ずべき行為」だと厳重注意される京。そりゃそうでしょ、「キスをする」のではなく「愛されてキスされる」のが目的のハズ。愛しても愛されてもいないのにキスするなんて暴力と同じですから。理事長は再度告げます。
 各々自らの女性らしさを磨きその上で 担任の『心』を奪い キスさせてごらんなさい!!

理事長が去り沈黙する教室。薮田先生は依然 失神、ファーストキスだったのに報われず落ち込む京。そんな中で「アタシは乗るよ」と口火を切ったのは活発的な藤森でした。せっかく奨学生として入学したのに心を奪えず退学になったんじゃ意味がないと。ついでにファーストキスが無意味になったことを挑発したせいで京の怒りが爆発。
renai100124-
「こうなったら何が何でも そこの担任(「ヘタレ」と呼んじゃってます)にキスさせてみせますわ!!」と藤森に宣戦布告。どうやら積極的なこの二人が物語を進めるようですね。ここでようやく薮田先生が目を覚まします。
"女性が苦手"なゆえに失神したことを知る生徒たち。ではなぜ女子高の教師になったのか?
「苦手だからこそ。苦手だからっていつまでも逃げてちゃダメかなと思いまして」
との話に同じ境遇を感じた京と藤森は一層ライバル心を燃やす!
renai100124-1
絶対先生にキスさせてみせる!! みせますわ!!
愛は困難な状況でこそ激しく燃え上がると言いますけど"女性が苦手"な薮田先生にこの条件は当てはまるのか!? また他の生徒もこのまま黙っていたら退学処分になってしまうので積極的にならないといけません。特に恥ずかしがり屋の香澄ちゃんは個人的に応援してます。
 <過去記事>
新連載「恋愛専科」 男性に愛されるための"恋愛専科"に入った女子高生(1/6)
スポンサーサイト