shiko100302
『なかよし』新連載、「中川翔子物語 ~空色デイズ~」の1話。
しょこたんの半生がまさかの漫画化。新連載にあたりしょこたんがトビラ絵でこう述べてます。

私が「なかよし」を買いはじめたのは小1の頃。当時は「美少女戦士セーラームーン」の連載が大人気でした。以来、ずっと"なかよしっ子"で、お気に入りのふろくは今でも家にとってあります。

え~~? しょこたんって確か「りぼん」で活躍してる種村有菜さんと仲が良かったですよね? それでいて"なかよしっ子"なんですか? と、意地悪く思ってしまったのは内緒にしておいてね。
冒頭はいつものようにブログを更新してるところから。大変ですねという言葉を掛けられ「ぜんぜんですよ だって伝えたい思いは いますぐ伝えておかないとね」と答えるしょこたん。かつて伝えたい気持ちを伝えられず大変後悔したことがある。その気持ちとは…ということで小学生時代から物語はスタートです。

小学生時代は運動が苦手でお絵かきが好きだった。絵が好きなのは父親の影響なんですけど、その父親とはアイドルの中川勝彦でした。しょこたんは"できちゃった婚"の子で、父親はアイドルゆえに結婚はもちろん子供がいるなど秘密中の秘密。だからたまにしか帰ってこらず、しょこたんにとってこの頃の父親とは「テレビごしに会える遠い存在」だったそうです。

そんなたまにしか会えない父親が倒れてしまいショックなしょこたん。長引く入院に不安がるも9歳の誕生日の日に届けられたバースデーカードに元気づけられます。このバースデーカードこそ中川勝彦Wikipediaに書いてある『24時間テレビ』で紹介されたエピソードなのですね。
「もうすぐ帰ってくる」と嬉しがるしょこたんですが状態の急変で病院で死に際に立ち会うことになってしまいます。病名は白血病。生存確率が高くない病気でした…
shiko100302-
以前「翔子との思い出が宝物」と話してた父親なのに、私は思い出を作ってあげられなかった、好きと本心を打ち明けられなかったことに涙するしょこたん。そんなしょこたんに母親は「「しょうこ」っていういちばんの宝物 あなたがパパの生きた証でしょ?」と抱きしめます。
泣ける~。父親とはたまにしか会えないのにツンな態度を取ってしまってなかなか本心を打ち明けられなかった日々。その本心が永遠に伝えられなくなってしまったので悔やんでも悔やみきれないんでしょうね。それが冒頭の「伝えたい思いは いますぐ伝えておかないと」につながるわけです。

次回は中学生編なんですけど人生最悪のイジメの日々だったことから鬱展開は間違いなし。よってレビューする気も失せますわ。

以下私信。こげどんぼ*先生! 1月に連絡をいただき遅ればせながらありがとうございます。今年もよろしくお願いします。記事にはしてませんが"にじかい!"の「どぼん7」も買ってますのでよろしくお伝えください。
「たまタン」来月で終了なんですね。どういった結末になるのか注目してます。
shiko100302-1
ところで今月のこのコマには笑いました。「今の子がエイトマンなんて知るかよ!」と突っ込みましたね。0系新幹線を追い抜くエイトマン…アニメのオープニングになってる場面です。でもこの放送当時には新幹線はまだ開業してなかったんですよね。時代を先取りしてたと言えます。

しょこたん☆カバー3 ~アニソンは人類をつなぐ~(DVD付)
中川翔子
SMR (2010-03-10)
売り上げランキング: 23
*ジャケットイラストはいとうのいぢさんが担当した、しょこたんがアニソンばかりを唄ったCD。
DVDの無い通常版が定価の2800円で、DVD付きのコレが19%引きで2830円ですからお買い得でしょう!
スポンサーサイト