rozen100311
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ローゼンメイデン」の23話
僕が僕の意志で 僕の力で変えてやるんだ お前はいらない!
と、強い決意をもって雪華綺晶(きらきしょう)を否定したジュン。半狂乱となった雪華綺晶は最後の足掻きで抵抗するも真紅・水銀灯らの反抗で何処かへと立ち去った…
さぁ後は翠星石と蒼星石の作業のみ~♪ やがて「まいた世界」と「まかなかった世界」へとが繋がる正しい道しるべができ、そして時は動き出す!
やったな真紅! これで元の世界に戻れるぞと喜んだのも束の間、真紅の身体が崩れ落ちる!!
前から言われていたことですがこの真紅のボディは仮の姿。本物の薔薇乙女でないことからいずれ時間が来たら崩壊することになってました。時間が動き出したことでタイムリミットを迎えてしまい崩れてしまうとは何たる運命の悪戯だろうか!!

首だけになった真紅に呆然とするジュン…。なんかこの1コマは衝撃的ですよ。あの真紅がこうなっちゃうなんて、と。知らないだろうけど昔の特撮で「人造人間キカイダー」というのがあって、ある話にて爆発してバラバラになってしまったときがあったんです。あれは幼心にショックでしたね。主人公がバラバラになってしまうなんて今まで経験したことなかったですから。この1コマでソレを思い出したよ

その一方で「まいた世界」のジュンは谷底にある真紅のオリジナルボディを回収しようとしていました。せっかく編み上げた茨のロープを落としてしまって元の木阿弥に…と思ったら谷底で何か光るものが。あれは──雛苺の人工精霊・ベリーベル! 誰も来ないだろうこんな谷底でたった一人(?)で真紅のオリジナルボディを守っていたのでした。
rozen100311-
真紅のボディをロープに絡ませ、ジュンのところまで送り届けてくれます。
そうか 今度は真紅を起こしにきてくれたんだな… 雛苺
蘇る雛苺の思い出。二度と会えない雛苺だけどこうやって影ながら見守ってくれていたことに感謝するジュンでした。
泣ける! (つД`)ウワーン!! 亡くなってから人のありがたみがわかったりするものですけど、今回の雛苺(正確にはベリーベルだけど)にはホントに感謝の言葉しかありませんよ。

「まかなかった世界」のジュンは首だけになった真紅に泣きすがる。また蒼星石もようやく翠星石に水銀灯と交わした契約のことを話します。時計を動かしたら負けを認めてローザミスティカを渡すことを…。
 真紅を取り戻したいジュン
 また離れ離れになりたくない翠星石
二人の思いが重なったとき、まいた世界のジュンが救世主のように参上!
まだ諦めるな!! まだ間に合う!
rozen100311-1
受け取れ まかなかった僕 真紅を救え!!
手にしたカバンをバッと開け 入っていたものとは…以下次号! まぁ何があるのかは簡単にわかりますけど盛り上がる展開で「つづく」のは最近無かった展開だけに嬉しい。それにしても"ここぞ"のタイミングでやって来た「まいた世界」のジュンはちょっとかっこ良かったな。
ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス)
PEACH-PIT
集英社 (2010-02-19)
おすすめ度の平均: 5.0
5 素晴らしい
5 双子姉妹百合、萌え
5 面白い
5 ほんと面白い
4 ドール集結
スポンサーサイト