hunter100315
週刊少年ジャンプ』連載、「HUNTER×HUNTER」の300話
先ずは前回レビューのタイトルが中途半端だったことの言い訳。本当なら「ユピーとプフ」とすべきだったところを「プフ」が抜けてしまってました。気が付いたのが翌日で、既にニュースサイトにそのタイトルで伝わっていたので今さら書き直すとそのサイトに悪いと思ってそのままにしてしまいました。すみませんです。

さて、記念すべき300話。98年14号から連載開始で今回が2010年15号ですからほぼ12年ジャストで達成。ってことは…1年平均で25話掲載ということになります。半年休んで半年掲載なペースなことから長~い目でみれば思ってるほど休んでないとも? もっとも99年から始まった「NARUTO」は今回で486話ですが…。

冒頭は残されたキルア・イカルゴ・ナックルたちの今後についての話し合いからでした。
一人でピトーと闘うと決めたゴンに付き合うべく残ることにしたキルアとパーム。ピトーとやり合うなんてゴン一人どころかキルアとパームが加勢したところで敵うものでない。つまり共に死ぬことを選んだのです
パームがここにきてゴンのことをノヴ以上に入れ込んでいるのは何かあったんだろうか。つーか、ノヴの話すら出さないパームの心にはもはやノヴは過去の人だとか? でなければ一緒に死のうと考えないでしょうしね。

またナックルも残って奴らとやり合う(この場合は"語り合う")ことを決めます。すなわちキルア・パーム・ナックル・イカルゴ・メレオロンの5人全員が死ぬことを決意しました。え~と、メレオロンが最期まで残る理由がわからないんですが…。王を倒したい気持ちが思っていた以上に強かったということですかね?(あとは一人だけ帰るのはみっともないので引くにひけなかったとか)
hunter100315-
そして治療が終わったのでカイトを復活させるべくピトーとの約束をするゴン。いや、この場合は脅迫とでも言いますかね。力ならばピトーが遥かにゴンを凌駕するでしょうがコムギを人質にとったことで話を優位に進めるゴンでした。正直、卑怯と思えなくもないのですがカイトにされた恨みのためなら利用できるものは何でも利用するといったところでしょう。特に
 ピトーがカイトを元に戻してくれたら すぐに彼女を解放するよ
 お前もオレを 信じてくれるだろ? ピトー!!!

のセリフは言葉の重みが感じられてピトーが汗するのも無理はないとひしひし伝わります。

ともかくカイト復活のためにペイジンへ向かったゴンとピトーは無事に済むのだろうか!? そして王のために命を削っているユピーとプフはどうなったんでしょう? つづく

今回で10週連続掲載を達成。次回からはもう何年ぶりだかわからない11週以上の連続掲載。ま、週刊誌なんだからこれが普通なんだけどね。次号は月曜でなく今度の土曜、20日ですからお間違えなく。
スポンサーサイト