medaka100412
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第46箱
始まった「負け犬軍団」VS「裏の六人(プラスシックス)のチームバトル。冒頭に糸島からの「手持ちの常識をすべて捨てておくことをお勧めするぞ」との言葉通りに「裏の六人」の能力は思っていた以上のものでした。例えるなら山田風太郎の一連の忍者小説(○○忍法帳といったもの)に出てくるような、奇想天外な忍法のオンパレードみたいなものです。

先ずは髪が自在に伸びる筑前優鳥。『髪々の黄昏(トリックオアトリートメント)』だけに髪を使った能力です。
宗像が放った4.6mm銃の弾丸を残らず食べて?しまったのは上峰書子。『食虫食物(デンタルシューズ)』だけに何にでも口にしてしまうといったところでしょうか。熱くはないんでしょうかね。私はグアムに行った際 銃を撃ったことがあり、撃ったばかりの薬きょうは熱くて素手では持てませんでしたから。

冥加の鉄球(連載時では30kgだったものがコミックスでは100kgへと三倍増し)を片手で受け止めるばかりか溶かしてしまったのは鶴御崎山海。手袋してるからにはシャイニングフィンガーみたいに熱じゃないね。薬品ですか?
そして胴体を拳で貫かれても何ともないのは湯前音眼。あんたはスライムですか!? 『宙ぶらりん(フリーワールド)』だけに本物の胴体は別にあってコレは人形だったりして。
残る二人はまだわからないけど百町破魔矢は弓を使うみたい。験体名『初恋(ラヴ)』だけに射られた者は恋に落ちてしまうというのはあまりにベタか。

その頃、生徒会執行部の面々は遂に最下層の12階に到着。そこにあったのは「鉄拳6」やら「ガンダム戦場の絆」の筐体で、見た目はさながらゲームセンター。巨大迷路に日本庭園に動物園、そしてゲームセンターとは一貫制が全くありませんね。
めだかが倒れていたのを介抱するも何気ない一言でニセモノだと気付く一同。
medaka100412-
ちょwww善吉 それ事実とはいえあんまりだ!
めだかを演じていたのは行橋! 変装が得意で背格好まで変えられるとは驚きです。語られたのは都城のことで、都城に魅了されたからこそフラスコ計画に参加したんだとか。私は先週「行橋=半袖説」を唱えましたけど今回の行動やら発言からすると別人っぽいですね。あっさり否認しますわ。
medaka100412-1
催眠ガスが充満する中で唯一立ち上がった人物とはもがなちゃん! さすが競泳部だけに肺活量は並じゃありませんでした。メガネを外し髪留めを解いたのは本気モードになったといことか。
絶対に負けられない戦いがそこにはある! 今 唯一戦える者としてもがなちゃん発進!!  つづく
めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)
めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)
おすすめ平均
stars割と好き。
stars路線
starsスズミヤハルヒ 武闘編
starsなんだかんだで、しぶとい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト