saki100424
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の7巻が発売されました。
いつものように着せ替えカバー目当てにメロンブックスで買いまして、和(のどか)の半裸が強烈だわ! いつものようにブラはしてないわ、パンツは穿いてないわでそんなに今すぐオレとしたいのかよ、と。でもダメだよ和。オレにはモモという心に決めた子がいるのだから…。でもどうしてもというなら──などと妄想劇場は続くのでした。
saki100424-
しかも今回は乳首の膨らみまであるよ! 小林立さんがここまで描いたのは記憶に無いなー。だから男だったら素直に買っておいた方がいいよとアドバイスを贈ろう。

さて、県予選も大詰めのところから始まるこの7巻。トップは龍門渕で2位の清澄とは6万2千点あまり。ほぼ安全圏内だけど衣の気持ちは落ち着きません。咲の形容し難い異様な感覚、今まで味わったことの無い不気味な存在感は侮れないからです。
その通りに咲は仕掛けてきます。今まで確実に安全牌をつかんできたのに振り込み牌を握らされる衣。そこから始まる咲の怒涛の連続槓! 高まる心臓、誰もが目を見張る中で見せた咲の手とは!?

1年以上続いた大将戦がようやく決着です。アニメはこの大将戦の最中に始まったんだよねー。アニメは人気が高くて放送中はよく話題になりましたけど最も2chのスレが進んだ(と思われる)のは池田の負けっぷりの場面だったのは良くも悪くも「池田は人気者だった」ということでしょう。
ここでも帯にあるように「あたしは勝ちを、あきらめない……ッ!!」と、最後まであきらめずに牌を握り続けた池田。最後に見せた涙は健闘の証拠で、それに久保コーチはねぎらい特に叱りませんでした。今まで"嫌な奴"だったコーチのイメージが変わりますね。
saki100424-2
そして全国の強豪たちが続々と名乗りを上げてきました。今までシルエットでしか登場しなかった咲の姉、宮永照が率いる白糸台高校。史上初の三連覇を臨みます。また 去年は衣と並んで注目を浴びた神代小蒔が居る永水女子。ここはロリな巫女、薄墨初美さんに注目!
他にも4人が留学生で占められた16年連続で東東京代表となる臨海女子など、まだ見ぬ強敵にワクワクします。このメンバーはアニメの最終回でも登場したので(とゆーか、そっちが先)嫌でも期待が高まります。
[高画質で再生]

4校合同合宿はこれまたアニメと同じですが気になったのは以下の点。
・透華が謎の超人化
・マホちゃんが真打ちとして登場
特に透華は なぜここで透華が覚醒するのかわかりません。今後必要だからなんでしょうけど、とりあえずは咲もしくは和のパワーアップが先決でしょ? それよりも先に透華を覚醒させたその意味を知りたいですね。

最後に掲載時と違ってたのはパッと見てこんなところでした。
・120ページでカマボコと佳織がシートベルトを着用していた(掲載時は無着用)
・146~148ページで背景の追加、トーンの追加など
・176、177ページは新規に描き足したもの
咲 -Saki- 7 (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス (2010-04-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5 やっぱ好きだわ
5 ジャミラァ!
スポンサーサイト