toal100428
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の30話
二ヶ月ぶりに連載再開です。この間にアニメは終わり、世間はすっかり他作品に興味が移ってるようで(笑)。『電撃大王』今月号の付録には美琴のヴァイスシュヴァルツPRカードと、黒子のランジェリーバージョンのポスターがあります。黒子はランジェリー姿でも色気が全然感じられません! せめて固法先輩と一緒なら…。来月号は初春の浴衣姿のポスターが付録だそうだけど──失礼だけど需要ってあるの? 再来月号は間違いなく佐天のポスターなので水着姿を是非ともお願いしたい! プロポーションの良さならマジで4人のうちのトップでしょうから。

レベル5の頂上対決戦、第三位の美琴と第四位の麦野とのバトルの真っ最中! と、その前に冒頭は撤退したフレンダと滝壺のやりとり。疲弊した滝壺にフレンダは「いつか他にも滝壺の居場所ができるといいね」と言いますが、これは原作読者へのサービスでしょう。間違いなく浜面のことを指してます。ただ、居場所は出来てもその頃にフレンダはもうその確認が出来ません。その要因と成り得る一端が「ああ~~ッ 爆弾回収すんの忘れてた…」ってこと。

・美琴VS麦野 直接対決ラウンド1
麦野は余裕綽々な一方、美琴は疲れ果てて電撃もあまり使えない状態。しかしフレンダの爆弾人形を持ってます。
「フ・レ・ン・ダ~~ッ」とイラッときた麦野その1。でもそれは自力ではもう倒せないと白状してるようなもの。磁石で操れるよう人形に鉄塊を入れて操作する美琴と、それを撃ち落す麦野との戦いの中、爆発させずに頭に鉄塊をぶち当てた美琴がアイデアで勝利を収めます。

この研究所に来た目的である施設の破壊を終えて去ろうとする美琴に、気絶から回復した麦野が怒りの反撃を開始!
・美琴VS麦野 直接対決ラウンド2
toal100428-
もう言葉が汚いったらありゃしない。雑言罵声のオンパレードで美琴を追い詰めます。キレた麦野の怖さが垣間見れますが、真にキレた麦野はこんなもんじゃないよ。だってフレンダは…(涙)。
もう動けない美琴に追い詰めたとする麦野。勝負は決したかに思えましたが美琴はこの足場にアレがあることに賭けてました。それはフレンダが使った切断テープ! あちこちに仕込んでいたからここにもあるんじゃないかと思っていたのが予想通りにありました。
toal100428-1
爆弾人形のみならず切断テープまでそのままにして帰りやがってとイラッときた麦野その2。こういう積み重ねがあったから数ヵ月後にフレンダはああなっちゃったんだね。ご愁傷様です。
階下まで落ちていく麦野。美琴の手助けを必要としなかったのはプライドが許さなかったのでしょう。
こうして麦野戦は終わりました。麦野は麦野で計画の実態を知り美琴はこのまま放っておいた方が面白そうだと手を引きます。待ち受けてるだろう苦難とはいったい?

8月20日。残る最後の研究所に侵入したらもぬけのカラ。データは全て消去済みで経営破たんしたとある。これでもう終わった、「妹達」はもう死なずに済むと喜ぶ美琴。でも実態は美琴が戦っていたちょうどその頃に別の施設に移っただけ。計画は続行中です。
toal100428-2
そこで出会うのが当麻。久しぶりの登場です。記憶を失って初めて美琴と会うハズです。原作でこの日の当麻は御坂妹に出会って、寮で黒子に会ってそこで計画を知り、美琴に話を訊いた後に一方通行と対決する非常にあわただしい一日。
ここしばらくは当麻がレギュラー出演する可能性がありますよ。 つづく
 <Amazon>とある科学の超電磁砲 (5) 特装版 小冊子「偽典・超電磁砲 (仮)」付
スポンサーサイト