dream100514
webコミック「ファミ通コミッククリア」に連載している「ドリームクラブ ディアガールズ」の1巻です。
エンターブレインが放つ新しいコミックレーベル『ファミ通クリアコミックス』。その第一弾タイトル全5冊の1つがコレ。そもそもエンターブレインのコミックスって『コミックビーム』連載陣のように、ぶっちゃけ一般受けするものが少ない傾向にありました。そこにwebコミックのライトユーザー向けな作品を投入することで客層を広げようという狙いと見た!

ドリームクラブ。それはピュアな心の持ち主だけが入店できる大人の社交場。去年の夏にXbox 360で発売されたキャバクラゲーム恋愛シミュレーションをコミカライズしたものです。ゲームではプレイヤーは常連客となって女の子たちを口説いていくわけですが、この漫画では趣向がちょっと違います。

主人公・夢藤 翔はスペシャルVIPカードを持ってドリームクラブにやって来た。幻とされるそんなカードの持ち主にキャバ嬢ホストガールたちはもの珍しそうに接します。そこへホストガールの雪(セッちゃん)が一大事と駆け込んできた。ドリームクラブが閉店するというのだ! しかも新オーナーが今日 見に来るという。ってことはあの人が新オーナー!?
店を存続させたいホストガールたちは翔にサービスと称してご機嫌とりに乗り出します。亜麻音はチアガール、セッちゃんは妹、るいは水樹姿でサービスサービス。
dream100514-
しかし閉店とは大きな間違い。翔は伯父さん(実は店長)に呼ばれたからやって来ただけで、その伯父さん(店長)からは店長代理を命じられます。こうして店長代理となった翔は女の子たちと触れ合いながら共に成長していくといったお話になってます。
つーか、それってなんてアイドルマスターブレイク?

基本的に1話完結。1話ごとにメインとなる女の子が変わり、その子の相談・悩みごとに翔がいかに適切なアドバイスを送っていくかが見どころでしょう。
例えばモデルでありながら人付き合いの悪い魅杏はホストガールたちとなかなか馴染むことができません。そこでナオやセッちゃんたちはあの手この手を使って魅杏の心を開かせようとするも失敗してしまいます。最後になって翔はある方法を使ったところ、魅杏はみんなと打ち解けることが出来ました。果たしてその方法とは!?
dream100514-1
気に入ったのは魔璃との話。ゴスロリ眼帯娘の魔璃が客としてやって来た。実はホストガールになるための見習いも兼ねてのことですが、何をするのかわからない電波系なところに翔はハラハラしっぱなしです。
女性が描いてるだけにエッチすぎることはなくすらすら読めます。各 女の子の特徴を生かしたストーリーになっているので判りやすいですね。これを読めばキャバクラに行きたくなる!…ことはあるかなぁ?
ドリームクラブ ディア・ガールズ(1) (ファミ通クリアコミックス)
(原作)ディースリー・パブリッシャー 一葵 さやか
エンターブレイン
スポンサーサイト