medaka100517-1
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第50箱
めだかちゃん連載一周年おめでとう!!
ささやかながらケーキを買ってきて派手地味に祝ったつもりです。一周年はいいけどページのどこにも『連載一周年』と書いてないのはなんでだろう…。この一年をざっと振り返ると"めだかの歴史は下位低迷の歴史"としか考えられない(笑)。10話過ぎた辺りから下位が目立って16話で遂に最下位! どーなるかと思ったけどピンチになるたびに他の作品が犠牲になるかのように終了していって現在まで生き延びることができました。
今後も決して予断は許しませんが今回だけは手放しで喜びたいと思います。

さて、一周年でありながら黒神めだか(改)と洗脳されてしまっためだかちゃん! その異様なる風貌に驚く善吉たちから始まります。「めだかちゃん」との問い掛けに「めだかちゃんではありません めだかちゃん(改)です」とあくまで冷静に冷たく言い放つ素振りに本当に洗脳されたことを実感した善吉たち。

実際には洗脳ではなく目が醒めただけ、十三年前に戻っただけなことが王土と真黒兄さんからも語られます。心の内側ではこうなることを望んでいたらしく、王土がその封印を解いてしまったとも。いったい十三年前に何があったのか? それは早ければ来週にでも明かされることでしょう。

フラスコ計画に全面協力することを進言した黒神めだか(改)に、当然ながら善吉たちは猛反発。
ふざけんなよ──私は私を完成させる。そのためにフラスコ計画を利用する
全校生徒が犠牲になるぞ──私の完成に役立てることをむしろ光栄に思うべき
鍋島先輩たちがどんな気持ちで闘ってるか──他人の気持ちなど関心ありません
などと、会話が成り立ちません。
medaka100517
あげくは全員に解任命令! 正面切っての三行半に善吉たちは落ち込む…どころかむしろ逆上!! 心のコスモが燃え上がる! こんなのめだかちゃんじゃないと、実力行使に打って出た善吉たち。
   跪 き な さ い。
ここでまさかの『言葉の重み』が発動! 黒神めだか(改)は『言葉の重み』もマスターしていたのだ。ってことは電磁波を発しているわけで、めだかのアブノーマルの具合はますます増大したことに。
こうなることをめだかちゃんは真に望んでいたのだろうか? 否、その答えが流れる涙。元に戻ったとされる一方で、心のどこかにまだ以前の自分が潜んでいるようです。
medaka100517-
まだ望みは消えてはいない! 奪われたものを取り戻すべく善吉がいま修羅と化す! つづく

やはり長い間 連れ添った仲。ここで善吉が男を上げなきゃね。気になったのは真黒兄さんがなぜか物陰に隠れていたこと。電磁波の影響を受けない予防策以外に何かあるとみますけど…? 案外いつものように抱きしめたら怒りで元に戻るとか!?
スポンサーサイト