hiiragi100615
『コミックハイ!』連載、「柊小学校恋愛くらぶ」の4巻です。
雛子たちが作った恋愛部のお話ですが今回の部活動は全く無し。でも新しい友達・ゆなちゃんによって雛子の性への興味はますます増大していくのがこの4巻の見どころになります。つーか、ゆなちゃんは小悪魔というか過激すぎだと思うんだ。雛子は今まで性についてはまるで無頓着だったんですよ。3巻では彼氏に全裸にされた姉をこっそり見て「今から何をするんだろう」と思ってたぐらいですから。そんな雛子にああいった事を教えようとはいきなりのレベルアップにもほどかあるというもの! いや、これは今までがヌルかったので今後は過激に事を進めようとするテコ入れと考えられるかも??

上の画像は薬局でのこと。カワイイ絵が描かれてある小さな箱を見て「お菓子?」と思った雛子は手に取るのですけどそこで初めて会ったのがゆなちゃん。「それ何だか知ってるの? 子供だね」との言葉が何を意味してるのかわかりませんでした。買って中を開けてみてソレがようやくコンドームであることを知り赤くなる雛子です。
あのー、小学生の女の子がコンドームを買おうとレジに持って行ってすんなり買えるものなんですかね? もっともそんなことを気にしてたら話が続かないのでダメですかそうですか… ちなみに私は制服を着た男子高生がコンドームを物色してる場面を見たことがあります。今からヤるんじゃなかろうかと思ったりして。

その後、学校で再会したゆなちゃんと雛子は友達となって遊ぶ約束をします。ゆなちゃんの家に行って「面白いものを見せてあげる」とのことで見たものがAVだった! しかも恐らく無修正のやつ。
hiiragi100615-11
それは学校の性教育で知った行為と同じこと。初めて見た雛子は赤くなりながらも「…すごい…これが…」と興味深々。ふと ゆなちゃんに「したことあるの?」と訊いてみたら「ひとりだったらね」との返事。ここでまた雛子の無頓着ぶりが発揮されます。「ひとりってどういうことなの?」と。
終盤、ソレを体験すべく再びゆなちゃんの家を訪れる雛子。二人して風呂に入って身も心もアソコも準備完了!
hiiragi100615-2
パンツを脱いでアソコを触ってみる雛子。「濡れてるんでしょ? そうならないと気持ちよくなれないんだ」と言葉巧みにゆなちゃんは雛子をその気にさせていく。ある部分を触ってみてビクッとする雛子に「見つけたみたい」と微笑む ゆなちゃん。それはやっぱあのスポットということなんでしょうね。
このまま雛子はゆなちゃんのペースで色々と経験していくのかは今後のお楽しみということで。
 <過去記事>
柊小学校恋愛くらぶ 3巻 姉のHを目撃したり、自分の股間を触って確かめた(09/9/12)

柊小学校恋愛くらぶ(4)  (アクションコミックス)
あづま ゆき
双葉社
おすすめ度の平均: 4.0
1 大きなお友達用
5 色々スゴイです
5 ・・・ふぅ。
5 第4の少女
スポンサーサイト