gakuen100708
『月刊ドラゴンエイジ』連載、「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の6巻が発売されました。
5巻が出たのが2008年の9月でしたから1年10ヶ月ぶりの新刊です。こんなに遅れたのも全ては約1年半もの謎の休載(原作の佐藤大輔氏が書かなかったというのがもっぱらの噂。この間、漫画担当の佐藤ショウジ氏は別作品の連載を始めました)が原因なわけで。コミックス読む分には判りませんが収録してある23話(08年10月号)から24話(10年4月号)の間ってちょうど1年半空いてるんですよね。
ど れ だ け 待 た せ る ん だ よ !!
今年の4月号から連載が再開したのはいいとしても6・7月号と再び休載しており、今後も9月号・11月号で休載予定。アニメが始まったんだから休まずやれよと言いたいね! つーか、6巻が出るのと同時期にアニメが始まるだなんて5巻発売当時では思いもしなかったね。

で、この6巻は23~25話と番外編、三人トークなどを収録。ショッピングモール編も佳境でここを出て行くことにした孝たち。気になるのはあさみ巡査。助けが来ないことと避難民からの軋轢で精神が疲弊し困憊状態。そこでコータが「一緒に行こう」と声を掛けるわけですよ! 嬉しくてコータに抱きつくのも判ります。
そんな折、モール内に<奴ら>が入ってきたことで緊張感は一気に高まります。
gakuen100708-
戦いに不慣れな大人たちを尻目に<奴ら>を倒していく一同。その活躍ぶりに「お前らいったい何者なんだ?」と訊かれる始末。みんなここまで必死に生き抜いてきたんです。ちょっとやそっとじゃ倒れませんって!
しかし最後になってあんなことが起きるだなんて…私としても辛いです。

アニメの出来は良く、ネットの人気も高いので安心しました。ただ、物語の着地点はどーなるんでしょうね? 原作では孝と麗の両親を捜すべく行動していますから見つけて終わりってこと? もしくは「あそこにいるかもしれない」と希望を残して幕とか?
それに高城の家が右翼団体なのも気になります。アニメでやれるのかと。剣術の道場なんかに設定変更するかもしれませんね。
 <過去記事>
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD  5巻 混乱続くショッピングモール編
ドラゴンエイジ付録の毒島先輩の裸エプロンポスターにはガッカリだよ
スポンサーサイト