getter100718
『チャンピオンRED』新連載、「デビルマン対ゲッターロボ」の第4話
デーモン族は合体を繰り返すことによって自らを強力な武器に進化させて戦っていく恐るべき種族。漫画版デビルマンでシレーヌとカイムが合体してデビルマンを追い詰めたのはそれを如実に表した結果と言えます。その合体をこの作品ではメカザウルスでも応用しました。悪魔とメカの融合、それがメカザウルスデーモン! かつてない恐怖がゲッターを襲う!

ゲッター1はゲッタートマホークを叩きつけるも軟体動物かのように身体を変化させてダメージを受けないメカザウルスデーモン。そればかりかゲッターをも取り込もうとタコみたいにまとわりついてきた。これを退治するのはデビルマン。そして新メカの登場だ!
getter100718-
その名もゲッタークイーン。ゲッターより前に作られた試作品だそうです。操縦してるのはミチルさんと牧村美樹(えー)。かつてないピンチに幼なじみの美樹も協力を申し出たからですが、何の訓練もしてない女の子を乗せるとはよほどのことなんでしょう。3体の協力によってこの場のメカザウルスデーモンは退治できました。

が、今度は早乙女研究所に新手の敵が向かっているという。しかもそれはシレーヌが合体した、200メートル級の巨大メカザウルスデーモンらしい。シレーヌを良く知るデビルマンは言う。
 このままでは俺達に勝ち目はない!! (しかし)勝つ方法が一つある!! 合体だ!!
目には目を 歯には歯を そして合体には合体を! デビルマンとゲッターロボが合体した想像を絶する姿がこれだ!
getter100718-1
 デ ビ ル ゲ ッ タ ー !!!
ハッキリ言ってエエエエェェェェ(´Д`)ェェェェエエエエなんですが。顔はデビルマン、胸はゲッター1、股間(笑)はゲッター2、腕はデビルマン&ゲッター1~3を各1本ずつの計4本。正義のヒーローとはとても思えない禍々しさでいっぱいです。
getter100718-2
内部はもっとスゴイことに。リョウたちは機械と一体化して身動きとれません。「マシンは僕だ 僕がマシンだ」と、マシンハヤブサの主題歌はこう歌われてましたけどそれを地でいく一体化ぶり。
「次号クライマックス」とあることから次で最終回でしょう。いったいどんな結末になるのか楽しみです。 つづく
スポンサーサイト