code100729
『月刊少年エース』連載、「コードギアス 漆黒の蓮夜」の第3話
CS放送・キッズステーションで「コードギアス 反逆のルルーシュ」の放送が始まりました。今までアニマックスで放送されてたけどキッズステーションでは初登場。観てる人はいますよね?

さて、1話に次いで2度目のカラー表紙。蓮夜とヴァインベルグの色使いがよく判ります。この作品ってなぜか『第○話』とかのサブタイトル表示が無いんですよ。谷口悟朗氏があえてそうしてるとしか思えないのですが、読んでる身にとってはいちいち覚えておくのが面倒だ。

蓮夜たちの仲間であり今までずっと一緒に暮らしてきたカルラの正体はブリタニアの王家の血を引くクレア・リ・ブリタニアだった! もちろん驚く仲間たち。でもカルラ自身が否定しないことから自(おの)ずと事実と認めてしまってます。いや、それ以前にカルラ一人を捜すために村人が何十人も殺されたことを憤慨する一同。このことにヴァインベルグ卿は謝罪します。「ごめんなさい!!」と。
いや、こんなに殺しておいてごめんで済む問題じゃないだろーがよ!
code100729-
そんなヴァインベルグに立ち向かおうとする蓮夜。が、その前にキモ顔三兄弟が「主の仇」として蓮夜に襲い掛かってきました。しかし義手の新たなる力(C.C.は「行く先の呪い」と言っておりギアスの力ではないようです)の前では何の敵でもありません。瞬く間に二人を撃破。最後の一人は…意外にもヴァインベルグが片付けてしまいます。なぜなら攻撃を繰り出した際にその一つがカルラ(クレア)に当たって怪我をさせてしまったから。クレア様に危害を加える者は誰だろうと容赦しない、味方からよもやの攻撃を受け三兄弟全滅~。
code100729-1
かくして蓮夜とヴァインベルグとの、カルラを賭けた戦いが始まります。ジノが乗ってたトリスタンの武器はダブルハーケンでしたがここでは二刀流ですか。謎の第三者も近づいているようなので行く先は全くわかりません。 つづく
 <過去記事>
新連載「コードギアス 漆黒の蓮夜」 ギアスの世界の序章が語られる(5/27)
コードギアス 漆黒の蓮夜 カルラに隠された謎。襲撃者の目的が明らかに(6/26)
スポンサーサイト