gakuen100914
今回は原作の12話と14話をはしょってアニメ化。13話の南リカさんのエピソードは無くなりました。ま、本筋とは違うのでしょうがないね。はしょったエピソードで残念だったのは高城パパとママの馴れ初めです。ママはウォール街でその名を響かせた凄腕のトレーダー。パパとは出会って翌日に結婚、その後はその才能をパパだけの為に使い、資産を100倍にしたとのこと。現在の高城邸があんな豪邸なのは固有財産はもとより、ママの才能もあったからなんです。沙耶が自らを"天才"とするのもママの才能を色濃く受け継いだからと言えますね。

ビッチちゃんマジビッチ!
孝とペアを組みながらも永(ひさし)のことが忘れられない麗は、ネット上で"ビッチ"と呼ばれてます。そんな麗が本領発揮? 今回孝に寄り添いながらこんなこと言いました。
 あなたと一緒にいる 一緒にいるためならどんな事でもする
 そうしなければ生き残れないから!

これ言われて嬉しいかー? 人それぞれでしょうけど心がこもってないというか、ギブアンドテイクで物事を判断してる気がしてなりません。男としちゃそんなのどーでもいいわけよ。よーするに心、気持ちが欲しいんです。愛してくれる気持ちが充分伝われば男だったら守るのは当然と考えるわけで、麗はそんな男心がわかってないね。

そんなビッチちゃんがまさかの公認化!
gakuen100914-
『ドラゴンエイジ』今月号からいきなり始まった4コマパロ「学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・ヘッド」にて孝が麗のことを平気で「ビッチ」呼ばわり。同人誌とかじゃなく公認漫画で堂々と「ビッチ」が使われてるんだから私たちが使っても何の問題もないでしょう!

毒島先輩は村田刀を手に入れた!
リーサルウエポン・村田刀を手にする場面は原作をほとんどそのまま絵コンテにしてるぐらいにそのまんま。オープニングで持ってる刀をようやく手に入れた瞬間です。豚の頭骨を一刀両断しても刃こぼれ一つしないほどの切れ味ならもう濡れ濡れもいいところですね!(笑)
gakuen100914-1
麗と紫藤の対決は麗が「殺す価値もない」との言葉で決着。麗が留年した理由がわかるエピソードですけど、原作からすれば紫藤の気持ちもわからないでもないのですよ。というのも紫藤は国会議員の父を憎んでおり、弱みを握るための活動をしていたことが描かれてます。アニメではここらの事情を一切カットして紫藤だけを完全に悪人化させてました。まぁこうやった方が気持ちがストレートに伝わることもあったんでしょうけど、原作では少なくともアニメよりは悪人でない紫藤でした。
gakuen100914-2
最後は核攻撃。遂に核ミサイルが発射されてしまう場面で原作では「北鮮ならびに中共に対する…」との言葉が「ノベンバー地方ならびにロメロチャーリー」と変更。また「先制核攻撃」という言葉も「ファーストストライク」へと変わりました。やっぱ具体的な地名はマズかったらしく架空の地名になりましたね。

次回はとうとう最終回。第二期の告知が最後にくるとかあったりして!?
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]
おすすめ平均
stars完全に狙いすぎた
stars大丈夫かなぁ…?
starsスタートは快調で後半はだれている
starsおもしろい
starsハチャメチャ感がすごい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト