negi100915
フェイト戦の前哨戦となるデュナミス・月詠・焔・環・暦たち5人とネギたちとの戦いが始まった。障壁破壊掌試作伍号を繰り出すもすぐさま反撃されるネギ。とはいえフェイト用に試しておいた技が通用するとわかったのは朗報。いざという時に使えなかったら元も子もありませんからね。いきなり最高の技は出さないと思うので伍号以上の何かの技での対抗に期待します。

月詠の相手は当然ながら刹那。以前敗北を喫した刹那だけに再び負けるわけいにいきません。今回は木乃香とパクティオーしただけに新たな力を得ており月詠なんて怖くない? でも月詠だって新しい刀を用意してきました。それが上の画像にある、刀身まで黒い刀です。恐らく何らかの技が発動するとかあるのではないでしょうか。

今回の見どころは戦いに強制的に参加することになった控え組の活躍でしょう。戦い向きの能力でないのどかは火傷に臆することなく果敢にも焔に体当たり。これというのも身を呈してかばってくれたクレイグさんを復活させるため! その間に裕奈はアーティファクト『七色の銃』の精霊化解除弾を使います。炎系の最高技は精霊化しての攻撃なので、その精霊化を止めさせてしまおうというわけ。炎そのものの能力を奪ったわけでなく依然として使えるので厄介ですが、焔の必殺技を奪った点では大金星かと。
negi100915-
また まき絵はリボンを使って暦の「時の回廊」のアイテムを奪取。これによって身動きを封じられていたネギは復帰します。
古・楓の活躍もあってフェイトガールズは被害甚大。特に焔と暦はのどか・裕奈・まき絵が活躍したからこそ倒せたのであり、もう役立たずなんて言えませんね!
でも気になるのは依然として一般人に徹しているアキラ。このままでは本当に役立たずなままです。ネギが溺れるなどしてピンチになった時に潜ってキスしてパクティオー。そうやって能力に目覚めさせるってのはどうです?

一方、高音の「影の鎧」の装着を拒否している愛衣がカワイイ。アニメ「超電磁砲」4話にて「脱ぎ女」の話題がありました。「脱ぎ女と関係した者は脱ぎ女になる」と言われているのと同様に、愛衣も「脱ぎ女」になってしまうのではないかと不安になるのも当然でしょう。
スポンサーサイト