geki100923
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン!」《デビルマンの章》の第13話
三週間ぶりに「激マン!」の連載が再開。この間にコミックス1巻が発売されました。8話のデビルマン誕生までが収録してあるのでこの際に一気に読まれてはいかがでしょう。

デビルマンを描きたいために(もっともこんなことジャンプの編集長と担当に言えるハズありませんが)「ハレンチ学園」を辞めさせてもらったのが前回のこと。
 参考:激マン!《デビルマンの章》 ハレンチ学園を辞めるため編集長と直談判(9/5)
これでデビルマンを描く余裕が出来た、筆が進むぞーと思ったらそうはいきませんでした。かえって筆が止まってしまいます。なぜならデビルマン誕生と同時に飛鳥了を殺してしまったので!
飛鳥了──それは物語の語り部として登場したキャラ(2話参考)。不動明に悪魔が実在するのを知らせると共に、悪魔と戦うなら悪魔になるしかないと合体する部屋など全てを用意した人物です。今まで了が主導して物語が進んでいたものが殺してしまったことで俄然描きにくくなったようですよ。

「死んだんじゃねーだろ?」と担当。激としては死んだつもりでもハッキリとは描いてないので読者には伝わってない。だったら生きてることにすりゃいいんだと。
了が死んでマンガが描けないなら…飛鳥了を死なすんじゃねえ!!
実にごもっとも! こうして生きてることになった了は病院で明と再会します。医者も驚くほどの回復力だそうで、この現象が後に発覚する了の正体の一つの要因になるわけですが今はまだその時期ではありません…
geki100923-
こうして筆も進むようになり万事OKかと思ったらまだいけないようです。デビルマンはこれまでと違い 描き終えたときの疲れ方がヒドイらしい。もう何もしたくなくなるくらいに疲れるようです。
原因は霊的なものでしょうかね? そうじゃないとしても それほどまでに激の神経をすり減らす作品ということなんでしょう。
そこで連載をもう一つ減らすことに!
驚いたのはマネージャー。ハレンチ学園に次いで立て続けに辞めるというのだから無理もありません。でも本人が出来ないと言うのだから仕方ない。少年チャンポンの「あばしり一家」と少年ヨンデーの「あにまるケダマン」、どっちを辞めるかとの選択で選んだのは…
geki100923-1
「あにまるケダマン」でした。狼男であるケダマンは藤子不二雄先生の「怪物くん」みたいに西洋妖怪のギャグ漫画をしたくてやった漫画だそうです。自分としてはもっと描きたいけどそれ以上にやりたいのがデビルマン、時期が悪かったとのこと。
で、そう決意したものの少年ヨンデー(少年サンデー)編集部に辞めたい理由を説明して納得してもらわないといけません。ハレンチ学園と違ってこれといって理由が見当たらない激は苦悩する… つづく
激マン! 1巻 (ニチブンコミックス)
永井 豪 ダイナミック・プロ
日本文芸社 (2010-09-09)
おすすめ度の平均: 4.0
5 デビルマンは傑作です
4 デビルマンファンなら買って損無し
4 悪魔人間必読!
3 永井豪 自分を振り返る。
スポンサーサイト