板垣恵介まさかの『週刊漫画ゴラク』で連載開始!
debil101029
餓狼伝の休載はこのためだったのか!?
「激マン!」レビューの場を借りてこれを報告せずにはいられません。次号予告見てビックリです! 板垣恵介&RINによる新連載「どげせん」が来週号からスタートですよ!! RINさんって知りませんけど板垣組の人ですかね。絵の雰囲気からするとヤクザ物? つーかタイトルの「どげせん」って「どげんとせんといかん」の略なの?
とにかく来週の木曜からは「刃牙」と「どげせん」の2つの板垣作品が読めるので楽しみです。

『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン!」《デビルマンの章》の第17話
「デビルマン」を描くのに専念したいため『少年ヨンデー』(少年サンデー)に連載している「ケダマン」を辞めようと思い付いたのが13話でのこと。今回ようやく編集長たちと直談判にこぎつけました。
debil101029-
席に着いたのは編集長の猪江敬一(井上敬三)、副編集長の田ノ上一騎(田中一喜)、担当の鹿野子妓太郎の三人。話は一応通ってるとはいえ好調なのを辞める理由がわからない。そんなこと言わないで続けようよと説得してくるのは当然のことでしょう。

それはさておき担当の鹿野子さんについて半ページ書かれてました。作品中では色々なキャラとして登場したようですね。手塚先生も彼のことが気に入ったらしく「サンダーマスク」に登場しているとか。私は特撮のサンダーマスクなら知ってますよ。シンナーマンの話は放送禁止で、何しろ主人公がシンナー中毒になって街で暴れるとかしてますから。

で、ケダマンはどうなったかというと…辞めることに成功したようです。「ようです」というのは推定であって、実は交渉場面は全く描かれていません。
debil101029-2
いろんな事 言ってねばるからムチャ言った
この言葉から察するところかなりヒートアップした交渉だったことが伺えます。感情的になってしまって交渉場面は描けないというのが実情ではないだろうか。
つーか、激は子供じゃあるまいし「スンナリとやめさせてくれないからイケナイのだ」なんて言い訳するなー!
ともかくこれで連載はデビルマンだけになったことから専念できることでしょう。ただしこれはこの漫画での話であって実際にはマジンガーZも別に描いてるんだけど無かったことになってます。 つづく