kamen101002
『月刊少年マガジン』連載、「新仮面ライダーSPIRITS」の3巻の特装版です。
9月中旬に出たものをようやく開封して見たのですが昭和ライダー世代には堪らんわ!
特装版には前シリーズの第一話「摩天楼の疾風」のオールカラー版を別冊として同梱してます(上の写真左)。
kamen101002-
これは1号と滝との感動の再開シーン。ショッカーなんて組織など知らないニューヨークの人々。まして怪人や仮面ライダーなど知るハズもなく、滝はたった一人で怪人に立ち向かうわけです。絶対絶命のピンチになったときにバイクに乗って現れた男は高らかに「変身!」と声を上げ1号ライダーになるんです。それは紛れも無く本郷猛でした!
ボロボロになった滝に1号は告げます。
敵は多いな 滝 いや たいした事はないか 今夜はお前と俺でダブルライダーだからな
もう何度見ても泣ける!!
当ブログをご覧になってる方の多くはキン肉マンとかビックリマンなどで育った世代かと思います。きっとキン消しやビックリマンシールを数多く集めていたことでしょう。でも私は昭和ライダー世代でカルビー仮面ライダースナックのカードを集めて育ったんです! もちろんあんな甘いスナックなど食べもせずにドブに捨てたりしてたけどな!(このスナックはスタッフがあとでおいしくいただきました) あの当時・あの時代が思い出されて涙腺が緩みっぱなしになるのは当たり前だな!!

で、本編はアマゾン編の最終回。ギギの腕輪を左腕ごと持っていかれたアマゾンは瀕死の状態。その左腕をこともあろうにゼロ大帝が装着したことからアマゾンの能力を兼ね備えたニセアマゾン?になってしまった。左腕を取り戻してアマゾンを復活させるべく、ゼクロスおよび仲間達の厳しい戦いを長きに渡り描いてます。

苦しみながらもニセアマゾンを追い詰めたと思ったら、十面鬼からガガの腕輪を奪い取ってダブルで装着。これにより古代インカの力が発動してしまうとはなんという逆転また逆転の展開! これによってゼクロスは…
それでも滝たち普通の人間の活躍によって左腕を奪回。その刹那 マサヒコが襲われるところで今回最大の見せ場が訪れます!
kamen101002-1
アマゾンが主題歌に乗って復活だぁぁぁぁー!!
もう鳥肌ものですよ! ここ一番の戦闘シーンで主題歌がかかると燃えるでしょ? 正にそれ。
友よ おまえの ためならば アマゾンライダー ここにあり
この言葉がピッタリ当てはまるんです!! 世代が違う人に言ってもわかんないかもしれんけどさ、この時代に生きた私なんてこれ見て泣けるやら感激やら嬉しいやらでもう堪らんね!!

更に巻末ではマサヒコを演じていた松田洋治さんのインタビューを掲載。現在でも俳優業をしているとともにアニメでは「ナウシカ」のアスベルや「もののけ姫」のアシタカなど宮崎アニメで活躍してたとは知らんかったなぁ。
特装版は完売しておりプレミアが付いちゃってる状態。でも特装版と通常版とでは表紙の2号のポーズとサイクロン号が違ってますから比べてみるのも面白いかもしれません。
新 仮面ライダーSPIRITS(3)特装版 (プレミアムKC)           新 仮面ライダーSPIRITS(3) (KCデラックス)
新 仮面ライダーSPIRITS(3)特装版  新 仮面ライダーSPIRITS(3)