death101008
『ヤングキング』連載、作/六道神士「デスレス」の1巻です。
昨夜は更新できずに寝てしまいすみません。で、六道神士さんの最新作ですわ。「エクセルサーガ」は最近読んでないのでいったいどーなってることやら。『アワーズ』が昔の中綴じだった時代はよく立ち読みできたんですけど平綴じになってからはヒモをかけられるなどして読める回と読めない回とがあってもうそれっきりだったりします。

冒頭のカラーページには着物を着た古風な美女二人、スザクとカマドが登場。この二人の正体とは──
平凡な大学生・宮森水城の家はヤクザに土地買収を迫られていた。ある夜 怒ったヤクザが放火しようとしたところを発見するも刺し殺されて……しまうところをスザクに助けてもらいます。
death101008-1
身体を代償にな! いや、実のところは肌を重ねることで余命の時(しだ)を吸い取ろうとしてます。スザクとカマドは人間の寿命を吸い取ることで生きながらえてきた妖怪?で、どうせ死ぬところだったのだから余った寿命を貰うというわけ。

ところが何故なのか知らないけど水城には特殊な能力があったらしく、寿命を吸い取られるどころかスザクを体ごと吸い取ってしまい気付いたら二人は同化・合体・融合・フュージョンしてしまうのだった! その姿が表紙であり、一番上の右の画像はフュージョンして間もない水城です。ちなみに普通だったら当方は帯を付けたまま表紙を撮るのですけど、そうだと尻が隠れてしまうので(帯はソレを隠してます)今回だけは取りました。
よって一つの身体に水城とスザクの二人が同居することになり、そんな水城の苦悩をブラックユーモア風にしたお話です。

とにかくおっぱいがいっぱい! たくさんの裸が出てくる漫画です
そりゃ肌を重ねることで時(しだ)を食らうというのだから当然と言えば当然のこと。夜中に体が勝手に反応してしまって男と寝ていたなんてこともあり、処女の水城にとっては冷や汗もの。
最後の方になって謎の敵の襲撃や、友人がソレによって殺されてしまいそうになるなど今後はバトル展開になるかもしれません。アダルト同人誌を普通に出してる作者ですからまぁエロ描写は想像にお任せします。
デスレス 1巻 (ヤングキングコミックス)
六道 神士
少年画報社 (2010-10-07)