garou101012
え゛ぇ゛ーーーなんで!? と思わずにいられなかった『イブニング』連載の今回の「餓狼伝」。衝撃的な休載のお知らせにビックリだ! 餓狼伝といえば98年の『コミックバーズ』で連載が始まったものの出版社であるスコラ社が翌年倒産したために講談社の『ヤングマガジンアッパーズ』に移籍。そのアッパーズも04年に休刊してしまい しばらく休んだ後に『イブニング』に移籍という道を辿りました。

流れ流れて辿り着いた地で休載っていったいどーしちゃったの!? まさか飽きちゃったとか? 文章を読む限りまだ続くようなのでいいんですけど理由を知りたいものです。ちなみに今回は文七と村瀬が言葉も交わさずにバトル展開。文七のパンチが村瀬の顔面にヒットしたと思ったら文七が宙を舞ってるという場面で終わりました。何が起きたのかわからないまま休載なんて板垣センセーも罪なことしますな。
そういや休載のまま一向に連載再開しない「バキ外伝 疵面~スカーフェイス~」はどうなったんだろう…

・『週刊 新マンガ日本史』創刊号は和月伸宏が描くヤマトタケル!
yamato101012
先週 マッカーサーで終了した『マンガ日本史』が新たに『新マンガ日本史』として連続創刊。前シリーズとは別の漫画家を多数起用してまた毎週楽しめます。この創刊号は「るろ剣」「武装錬金」などで知られる和月伸宏さんがヤマトタケルを描きました。

神話の時代の恐らく想像上の人物が登場することに異論が出そうですけど、日本神話で最もメジャーな人だからまぁ「それはそれ」でいいんじゃないでしょうか。
garou101012-
海に身を投じるオトタチバナ姫とそれを止めようとするヤマトタケル
ヤマトタケルで有名なエピソードといったら火を放たれた時に草薙の剣で草を切り拓いて難を逃れたとか、荒れた海にオトタチバナ姫が身を捧げることで助かったなどありますけど もちろんこの二つは描かれてます。
創刊号は180円と安価ですからとりあえずは入手してみてください。

・ねんどろいどぷちの「リリカルなのは」を1箱買う!
yamato101012-
今日発売の「ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」1ボックスをサークルKで予約して買いました(ちなみに6000円)。左にあるのはサークルK予約特典のディスプレイステージです。もったいなくてまだ開けてない、とゆーか、開けられないのが本音。だったら"ディスプレイステージいらないじゃん"と思うけど貰えるものは貰っておくべきだからね。

新マンガ日本史 2010年 10/0号 [雑誌] ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st BOX
新マンガ日本史 2010年 10/0号   ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st BOX
スポンサーサイト