ekzo101019
『チャンピオンRED』新連載、作/山口貴由「エクゾスカル零」の地獄編 第
懐かしいー! かつて少年チャンピオンに連載していた「覚悟のススメ」が装いも新たに「エクゾスカル零」との新タイトルとなって復活新連載ですよ!! 気の早い話ですけどコミックス1巻には4話ほど作られながら未だに未収録の読み切り作を入れて欲しいものです。

どうやら我々は地獄に堕ちたらしい  そら見よ地獄がどんな景色であるか
これは地獄を旅する少年と鎧の物語  覚悟と零の地獄編


との書き出しで始まるのは荒廃した都市と 十字架に架けられた零を背負う葉隠覚悟。サブタイトルに「地獄編」とあることを象徴している零と覚悟の姿です。重圧と苦難が待ち受けているだろうという──

時は二十一世紀末 文明の繁栄のピークが過ぎて科学技術は崩壊。人口も文明も衰退している世界になっていた。何が起きたかはわかりませんが車に乗った人がそのままミイラ化してることから 死に至る自然現象?が急速に広まったみたい。「覚悟のススメ」では覚悟の兄・散(はらら)によって地球が荒廃していたのに比べて今回は「誰がやった」というのではないようですよ。
そんな世界の中でいくつかの地下施設には、わずかな食料で生きながらえている生存者がいた──

ここで登場するのが素っ裸の覚悟。目覚めると共にいきなり豹とのバトル開始! 生身の人間が豹と武器を持たずに戦って勝てるハズもありません。でもそれは普通の人間での話でして、その点 覚悟は…
ekzo101019-
足甲に刃物が出現して首をザックリ! 零式鉄球は本人の意思によって体内に溶解し、防具にも武器にも変化できる特殊性があることを知らしめます。
次に登場したのは特殊防護服で身を包み銃を携帯した人間。この距離で銃を乱射されたらたちまちミンチになるのは間違いない。でもやはり相手は零式防衛術を体得した葉隠覚悟!
ekzo101019-1
零式鉄球によって体の表面積の約半分を鉄甲化! 弾丸など貫通させません。ちなみに零式鉄球1個で全表面積の約7%を覆うことができ、覚悟は8個あるので表面積の約56%を鉄甲化できる計算です。
防御の次は空かさず攻撃! アンダースローで腹に拳を叩き込みます。いくら対戦車地雷でさえ耐える防護服だろうと衝撃は伝わる。ただの衝撃だけなら耐えられたかもしれませんが覚悟が放ったのは恐らく螺旋の波紋。口から内臓が逆流して絶命だー! って覚悟って"螺旋"できたっけ? 散に教えてもらったということころでしょうか。
ekzo101019-3
最後は零が収納されているカバンと対面するところで終了。第歌だけにこの漫画の世界観を知ってもらう&おさらいとして二つの戦いを見せたんでしょうね。前作とは時間軸が違い、顔も変わっていることから生まれ変わりか別作品と見なしてもいいかも? ともかくあの熱き戦いがまた見られるのが嬉しいです!
スポンサーサイト