medaka101025
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第72箱
善吉と球磨川が戦っていた間、マイナス陣営は思いもしない行動をしていた。阿久根ともがなちゃんをリタイアさせてしまえば自ずと白星が転がり込むと、攻撃に打って出ていたのだ。これって戦挙違反じゃないの? と思うけど受けて立つ生徒会側としてはそういう事態も考えておくべきと却下されるのがオチでしょう。

それにしても志布志さん一人で4人をボロボロにしてしまうとは何という能力! 阿久根ともがなちゃんをリタイアさせることはもとより、日之影と真黒兄さんもリタイアさせてしまえばめだかに教える者がなくなる=実質勝利という二段構えの用意周到ぶり。日之影は「誰のアイデアか知らんが大した周到さだ」と言ってますがたぶん半袖の入れ知恵じゃないかな。

志布志さんをここまでさせる原動力は今までされてきた数々の仕打ちらしい。親にガソリンを飲まされるだの、教師に靴を舐めさせられるだの、同級生から砂を食わされるだの散々な目に遭ってきた。
あたし達は酷い目に遭ってきた だから酷いことをしてもいいんだ!!
ちょっと待て! そもそもそんな仕打ちをされたのはお前に落ち度があるからじゃないのか? 小さい時に病院を破壊したことだって病院側が悪かったってことないだろうよ。

近づくだけで皮膚をズタズタに切り裂いてしまう志布志さんの能力「致死武器(スカーデッド)」に手も足も出ない日之影。
medaka101025-
ここで口にしたのがいかにも死亡フラグな言葉。綺麗な言葉で死を覚悟したってところでしょうけど そんなことマイナスにとっては全くの無意味でした!
先に阿久根・もがなちゃん・真黒兄さんを逝かせてしまいます!!
逆上したところで優劣は変わらないまま4人はリタイアに。颯爽と去る志布志さんたち…

その後はお通夜状態のめだか達。阿久根ともがなちゃんの代わりになる人物など居やしないので不戦敗は免れません。名瀬は福会長戦と会長戦で勝てばいいと言いますが 福会長戦に出る人物は決まってないし、会長戦のめだかにしたって凶化合宿を受けてない以上 勝てる確証はどこにもない…
medaka101025-1
一方、マイナスたちは新たにメンバーを補強しようとしてました。その候補が名瀬! 確かに中学時代はクラスから迫害されるなどマイナスたちと同じ目に遭っていたことから手を組まないとも限りませんけど…いったいどうなるんでしょうかね? つづく
めだかボックス 7 (ジャンプコミックス)
めだかボックス(7) *11月4日発売
スポンサーサイト