renya110128
『月刊少年エース』連載、「コードギアス漆黒の蓮夜」の第9話
カルラ(本名はクレア・リ・ブリタニア)を救い出すべくナイトメアのメッシと再戦する蓮夜とヴァインベルグ。でも逃げたとの報を聞いてすたこら退散~。カルラを救い共に逃げてきたのは今やこの漫画のアイドル的存在の(笑 オレの中では、な)二葉さんでした。仇である蓮夜を前にツンデレのような態度を取る二葉さん、もう仲間になっちゃえって!

ここでカルラ(クレア)を巡っての抗争を再確認しておきます。クレアはブリタニアの王族の血を引きながら何らかの理由で日本で育てられます。恐らく権力争いが関係してるのは間違いないでしょう。クレアは引き取られたときに異国の名だと目立ちやすいことからカルラと名付けられました。
月日は流れて現在、クレアを「新たなる世界の帝王」として迎えに来たのがヴァインベルグ。同様にクレアを迎え入れたい別派がメッシであり、その主君がルルーシュ似の謎の男だと推測されます。だからヴァインベルグとメッシは「クレアを連れ戻す」点においては仲間なので争う必要は無いのですが、そこはプライドと栄誉を得るがために戦うというわけですな。
renya110128-
カルラ(クレア)を奪還したもののこれからの道を考える皆。そもそも蓮夜たちは身分を追われて離れ里に住んでいました。場所が知られた以上 元に戻ることは出来ず、今後は追っ手を気にしながら生きていかねばならない。だったらいっそ カルラ(クレア)の故郷であるブリタニアに行けば今よりは安全だという結論に至ります。もっともヴァインベルグを頼ることになる点で蓮夜は気に入らないようですけどセクハラはやめられない背に腹は変えられません。
こうしてブリタニア行きを決意する皆ですが、ただ一人だけは残ることを決めました。
renya110128-1
それが蓮夜です! 1話のカラー原稿やコミックス1巻表紙で見せているフル装備状態でメッシと三度目の戦いに挑みます。守るべきものは守ったし、これからは好きにやることにしたとのこと。
メッシとは今まで負け続けているだけに蓮夜は勝てるのか!? ただ今までと違って不退転の決意をしており、何かしてくれるだろう期待を持たせずにはいられません。 つづく
コードギアス 漆黒の蓮夜 (1)
たくま 朋正
角川書店(角川グループパブリッシング)