renai110312
『まんがタイムきららフォワード』連載、「恋愛専科」の2巻です。
私が好きなミズタマさんの本だから買うに決まってますよ!
特典目当てに久しぶりに複数買いしました。画像右下は「とらのあな」の4ページ冊子。表紙は香澄をメインに全5人が集合。裏は墨一色でちょっとした漫画などがあります。4ページといっても実際は紙を二つ折りにしただけですがね。上のは「メロンブックス」の着せ替えカバー。こちらの表紙は茜&雪緒、裏が残りの3人です。

名門・櫻小路学園に奨学生で入った5人は「恋愛専科」なるクラスに配属される。ここは「一流の女性になる」ことを目標としたクラスであり、一流の証とは男性(担任)から愛されること──それはすなわちキスされるということ。
選ばれなかった生徒は退学処分になってしまうこともあって、キスされる女性になるべく女を磨いたり色仕掛けで攻めたりするわけですけど大きな問題が立ちはだかります。それは担任の新米教師・薮田信太が極度の女性恐怖症なんです。薮田としても教師になった以上 克服しようと努めるもののそうは上手くいかないわけで…。
そんな教師と生徒達との奇妙?なラブコメ第2巻!

表紙は5人の中でも人一倍恥ずかしがり屋な香澄さん。「ラブひな」ならば素子、「ネギま」ならアキラといったイメージキャラで、当方一番のお気に入りなんです。これは教室の床に押し倒されたというシチュエーションでしょうか、けっこうインパクトあります。裏表紙と一枚絵になっており、ミズタマさんのブログにて確認できますからご覧になってください。各店舗用の特典イラストもあります。
 A wild tulip(ミズタマさんのブログ)

2巻はこの香澄がメインになってます。初の中間試験が行われるのですけど「恋愛専科」は普通の試験じゃありませんでした。「一流の女性」となるからは男性から選ばれて当然。ならば選ばれるには運も必要だということで行われたのがくじ引き! これに当選した人が担任と半日過ごせるアピールチャンスをもらえるということで各人ドキドキしながら引くのですけど、当たったのが香澄でした。
renai110312-2
っていきなり本番かよ!
いえいえ、これはラブコメのお約束みたいなもので転んでしまって香澄に倒れこんだ場面。でもこれによって二人の仲は少しだけ近づきました。香澄も実は男性が苦手であり、薮田の女性嫌いを克服する姿を見て自分も努力しようと決意したからです。

でもそう上手くいかないことも もちろんあるわけで、それはクラスで唯一の百合っ子・雪緒さん。
renai110312-
事故とはいえ雪緒さんのおっぱいを触ってしまいました。これについて私はともかく 茜にこんな真似をしたら──とほとんどヤンデレ化。クラス委員長になったのも茜を守るための措置だったし、雪緒さんを脳内メーカーで測ればほとんどは茜に占められているかもしれません。

ミズタマさん描く可愛い女の子が気に入られようと努力する姿が何とも良くてニヤニヤしてしまう作品になってます。気に入るようでしたら手に取ってみてください。
 <過去記事>
恋愛専科 1巻 先生に愛されれば勝ち! キスを巡って争う5人の少女(10/7/15)

恋愛専科 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)恋愛専科 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
ミズタマ

芳文社 2011-03-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト