tokusatsu110602
さぁ今回は思い出話だ。誰もが幼いころに観たテレビ番組に思い出があると思います。当サイトに訪れる多くの人は80年代のアニメがソレだと思いますけど私は違うんです。私が小さいころはまだモノクロ番組の再放送があった時期でして、「(初代)サイボーグ009」「(旧)悪魔くん」「ウルトラQ」といった番組を観てたものですよ。

中でも「ウルトラQ」はウルトラマンシリーズの前身な番組だけに好きでした。巨大な蜘蛛であるタランチュラが夜中に目を光らせている姿は怖かったし、バルンガはいつかは太陽さえも吸収してしまうのではないかとのナレーター(正確には「明日晴れていたら空を見上げてください。そこに輝いているのはバルンガかもしれません」)には本当にそうなってしまうのではないかと恐怖したものです。

そんな私の幼い記憶が詰まってるウルトラQが現代技術でカラー化。「総天然色ウルトラQ」として登場するのですから見逃すわけにはいかないんですよ!

『特撮ニュータイプ 』7月号には約20分の「総天然色ウルトラQ カラー怪獣図鑑」なる付録DVDが付いていて、上のYouTubeはその冒頭部分だけがUPされたもの。ゴメスやリトラといった怪獣はこんな色だったのかという感動はもちろんですが、昭和40年代初頭の東京の街並み、今では見られない山村の風景など当時の思い出が言葉通りに鮮やかに蘇ってます!
夏に発売されるDVDを前にこの付録DVDで気分を盛り上げてみてください。
tokusatsu110602-
それと本誌には夏のオーズの映画の情報も。知っての通りに徳川吉宗将軍がオーズと競演するとあらば注目しないわけにはいきません。どうやら「暴れん坊将軍」としての登場じゃなさそう? あのBGMでオーズと共に戦って欲しいのですがね。ま、作曲者は数多くのライダーシリーズを手掛けた菊池俊輔氏なのでサプライズとして流れるかも。つーか、それに期待。
また驚きの情報はコレだけでないとも。本誌によると「これは第一報に過ぎない」と。歴代の作品群と同様に、いや、それ以上に多くの"仕掛け"が施されているそうです。ってことは北島三郎も登場するかもしれません。あるいは藤岡弘、が侍役で登場とか。
スポンサーサイト