death110621
『ヤングキング』連載、「デスレス」の3巻です。
六道神士さんといったら96年から連載が続いている「エクセルサーガ」が大詰め状態。これを「やっと」と思うか「とうとう」と思うのかは各人の判断に任せるとして、岩田がああだったとは知らんかったなぁ。美咲もこの際 告っちゃえばいいのに。

時(しだ)を喰う妖怪?のスザクと合体してしまった、というか 訳のわからない己の能力によってスザクを取り込んでしまったミズキ。そのミズキを狙って何者かが何故か刺客を差し向けてくるので否応なしに戦いを強いられる展開が続いてます。
<過去記事>デスレス 1巻  裸になって時を食らう妖怪?と同化しちゃった水城の不幸(10/10/9)

海水浴に来てカマドさんが刺客にさらわれてしまった! ってことで初の水中戦となります。水中でSMっぽく縛られているカマドさんのセクシーなこと。もっとも妖怪?でなければ確実に水死してる状況ですが。
ここでもミズキの謎の能力が発動して無事解決──はいいものの、どんどん得体が知れなくなって来ているミズキの状態を3人の爺婆は深刻に受け止めます。19話は ほぼこの3人の会話だけで終始しており、読者にとってもこの19話は おさらい&今後の展望を知る上でも濃い会話になっております。

このままミズキに戦いに任せていてはどうなるかわからないとして、爺婆が若返って活躍するようになるとは誰が思いますかっ!
death110621-1
ミサカの婆ちゃんの若い頃って超ナイスバディな美女だったとは! 「舞-乙HiME」の最終回でお目付け役のマリアさんが若返った姿に似た衝撃があります。また「女たらし」な延寿爺さんも若い頃はロン毛のイケメン。それでいて「妖眼」の持ち主で、本気になれば男女の年齢問わずモノにできるとはなんて羨ましい能力なんだ!

相変わらず謎のままの敵とつながりがあるかもしれない地上げ屋の動向が解明の糸口となるのでしょうか。ちょっとエッチ系なバトル&ファンタジー「デスレス」3巻は絶賛(たぶん)発売中です。
デスレス 3巻 (ヤングキングコミックス)
六道 神士
少年画報社 (2011-06-20)
スポンサーサイト