kiwame110623
『週刊漫画ゴラク』新連載、「私立極道高校2011」の第1話
うわ~~!宮下あきらが『漫画ゴラク』初登場にして新連載するのは『少年ジャンプ』で79~80年に連載していたデビュー作「私立極道高校(しりつきわめみちこうこう)」のリニューアル版か! これまた懐かしいのを復活させたなぁ。…ま、あんな終り方だったので再挑戦したいのも当然ですかね。

ここでこの漫画についての概要を申し上げます。宮下あきらはジャンプ79年21号からこの作品でデビュー(参考までに翌22号からはキン肉マンが新連載)。学帽政らを中心とする学園バイオレンスギャグ漫画といった内容でした。
それなり好評?だったんですけど別れは急に訪れます。それが有名な打ち切り回収事件です。ウィキとか読んでも実在校・実在者を書いてしまった程度しか載ってませんが、ジャンプ読書歴38年の私はおぼろげながら何があったか覚えてます。

確か極道のドラフト会議が行われたんですよ。将来有望なワルを我が組に入れて活躍してもらおうという。そこでこともあろうにアシスタントが実在する高校・実在する生徒(卒業生)を書いてしまったことで大問題に発展。その名が書いてある80年9・10号は回収、11号で極道高校は打ち切りのハメになってしまいました。
終り方はこんなんでしたね。学帽政のライバル・国士玉三郎の手にかかって仲間である長岡の髪などの遺品?が届けられたことでキレた政が「オモテに出ろや」とか叫んだところで終了。この終了の件については後の「激!!極虎一家」で"警察の介入があった"という解釈がされてます。
──あれから31年、紆余曲折を経て私立極道高校が再び開校です!

ここは日本で唯一の極道養成機関「私立極道高校」。その入学式で挨拶をするのは校長の高倉虎造。任侠道とか話している最中に一人の新入生が遅れてやって来ます。
kiwame110623-
名前は政。大きな数珠といい名前といいコイツが主人公であることはこの時点で確定。しかし学帽が無いけど…いやいや、それは最後のお楽しみ。
クラス分けで入ったのはくしくも前作と同じ「1年菊組」なのが嬉しいです。担任のダボ辰(王大人に似てるなぁ)から早速 極道の挨拶の仕方など教えてもらう他、学級委員(若者頭)の選出としてとんでもないことをやらされます。それは警官(「天より高く」の豪快丸かと思った)の帽子をブン取って来ること!

とりあえず長岡に似た男が行ってもあえなく失敗。そこで登場するのが政です。
kiwame110623-1
剣道五段、柔道では全国大会優勝という実績の警官をもってしても政は捕らえられません、怒った警官が拳銃を突き出したところ政の額には「極」と読める青スジが! これにびぴったことでこの勝負は政の完全勝利で終了。
そこへやって来た校長は政に古い学帽を授けます。
kiwame110623-2
それは今から数十年前に伝説と言われた侠(おとこ)が常にかぶっていたものだという。名前は偶然にも同じことからこれからはこう名乗るがよい。二代目 学帽政 と!
こうして再び学帽政が誕生しました。以後、どんな事態が待ち受けているのか大いに楽しみです! 尚、次回掲載は7月22日発売号ということから月イチ連載のようですね。
スポンサーサイト