hunter111101
何者の侵入を許さないゾルディク家。その地下の更に奥、恐らくシルバしか知らないだろう暗証番号のぶ厚い扉を幾つも重ねた奥こそがアルカの居場所でした。どうしてこんな隔離状態になってるのか、その理由が今回全編に渡り描かれてます。

その前にキルアはアルカを「妹」としているのに、シルバや使用人は「弟」として"坊ちゃん"と呼んでいる。いったいどっちなんだよ!? 思うにアルカ本人は女の子願望があるんじゃない? だからぬいぐるみやお人形と遊んでるのでは。何より今はスカートを履いてるしね。キルアはその意志を尊重して「妹」扱いしてる一方、シルバや使用人は普通に男の子として接しているから"坊ちゃん"ではないのかな??

それとパソコンを「お願い」してるくだりにて「ミルキと取り引きで確認した」と言ってます。そういやグリードアイランド編にてキルアはミルキと「取り引き」で情報を訊き出したことがありましたし、ミルキもシルバからお金をもらうのに「取り引き」で暗殺を請け負いました。ゾルディク家は両親・兄弟だろうと「取り引き」をするのが常識のようですね。その"ギブ アンド テイク"な「取り引き」をもっと大きくしたのがアルカの能力というのは、皮肉と言いますか「こんな子が産まれて当然」なのかもしれません。

そのアルカの能力とは「3つの「おねだり」をかなえると、どんな願いでも1つかなえてくれる」というものでした。
hunter111101-
この説明で描かれたのが「無大限」の形をとったウロボロスとドラえもん(もどき)と ですのーと。ウロボロスは錬金術を彷彿とさせ、ドラえもん&ですのは「願いをかなえる」ことを連想します。つまりは錬金術のようにどんな願いでもかなえるということか。キルアが狙ってるのはこの能力でゴンを元通りにしようとしてるのでしょう。

しかしリスクも半端ありません。重要点は2つあって
・4つ連続して「おねだり」を断ると「断った者」と「その者が最も愛してる者」の最低2人が死ぬ
・大きな願いをかなえた場合、次の「おねだり」が"等価交換"的に大きくなる
ということ。億万長者を願った次のおねだりは肝臓・十二指腸・背骨・脳みそで、もちろん望みをかなえられなかった結果、わかってるだけで67人も死んだそうだ。

これって怖いですよね。自分の全く知らないところでその人に好かれてたら死ぬかもしれないのですから。シルバとイルミが恐れているのはこれによって自分も死ぬかもしれない可能性があるからではないだろうか。強敵と戦って力及ばず敗れるならまだしも、理由のわからないまま突然死だなんてゾルディック家にとって屈辱に値するから地下に隔離していたと。

果たしてキルアの望みはかなえられるのか、いや、アルカの「おねだり」が何なのかが大いに気になります。 つづく
スポンサーサイト