gundam111116-1
ファーストガンダムを本放送で観ていた私に取って実に興味深い記事が『EX大衆』12月号に載っていたので紹介します。
機動戦士ガンダム VS 最強米軍 「もし戦わば…」」というタイトルで、ファーストガンダムのモビルスーツ等の兵器が 米軍の戦闘機や軍艦と戦ったらどちらが勝つかという仮想シミュレーションです。レーダーを無力化するミノフスキー粒子の設定は無視、ガンダム側はレーダーは使えないが米軍は使える、ガンダム側の装甲は米軍の2倍とする、などの前提ルールのもとに考えられたのがこんなのです。

「ガンダム VS F/A-18スーパーホーネット」
陸海空はもちろん宇宙でも活動できるガンダムに対するわ、対空・対地・対海上と万能に活動できる F/A-18スーパーホーネット。ガンダムはレーダー(センサー)を持っていても有効範囲は5700mに比べて、F/A-18はその数倍。一撃必殺のビームライフルを持っていようとF/A-18がアウトレンジからのミサイル攻撃を続ければさすがのガンダムも…らしいですよ。もっともその機動力を生かして岩場に隠れるとか水中に潜るとかすれば別のようですが。

「ゴッグ VS 原子力潜水艦シーウルフ」
gundam111116
50Km近い射程の魚雷を搭載しているシーウルフでも フリージャーなる防護装置を持つゴッグの前では何の意味もありません。ソナーで探索するしかないシーウルフに対し、モノアイで視認できる有利性もあってゴッグの圧勝とこと。

「ガンタンク VS M1A 1エイブラムス戦車」
湾岸戦争で大活躍したエイブラムスの武装は44口径120mm滑腔戦車砲。有効射程距離は4000mと言われてます。片やガンタンクは120mm低反動キャノン砲でその最大射程は260Km! 間違いなくガンタンクの勝利だそうで。つーか、この設定そのものがムチャクチャ過ぎる気がします。そもそもレーダーが使えない状況下でどうやって計測するんだろう。

「ホワイトベース VS 強襲揚陸艦エセックス」
gundam111116-
そもそもホワイトベースは「ホワイトベース級 強襲揚陸艦」というカテゴリー。なので戦艦相手ではなく同じ強襲揚陸艦のエセックスとの戦いに。結論から言えばホワイトベース勝利。なぜなら武装が圧倒的だからです。片やエセックスの武装は対空ミサイル4基のみ。これは米軍、というより各国共通して単独での行動を想定しておらず、護衛艦などの付随を前提としていることから武装はあまりしてません。逆に言えばホワイトベースは その重装備だからこそ囮専門として連邦にこき使われたのですね。

他にも「ザクII VS F-22ラプター」「ミデア VS C-17戦術輸送機」などの注目も。最後を飾るのは「ランバ・ラル隊 VS 米海軍特殊作戦部隊SEALs」。ホワイトベースに決死の覚悟で白兵戦に挑んだランバ・ラル隊と、ビンラディンをも追い詰めたSEALsとはどちらが優秀なのか、これは貴方の目で見届けてください。