medaka111121
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第123箱
1話以来の巻頭カラー! 「めでぃあボックス」なる情報ページが新設されて、アニメスタッフや小説版の刊行が発表されました。ここでのイラストは2周年記念&第2回人気投票が募集された98話のものですね。ジャンプスーパーイラスト展に展示してある めだかのイラスト4点のうちの1つです。
制作会社がガイナックスなことは噂の段階で出ていたので特に驚きませんでした。監督が佐伯昭志、キャラデザが桑名郁朗ってことで調べたら それなり実績があるようなのでまぁいいんじゃないの? とりあえず深夜アニメになるのか違うのか、それだけでも視聴者サービスがかなり違ってくると思うので(何を言いたいかわかるよね?)そこんとこを早く教えて下さい。それとキャストも。

トビラ絵は生徒会執行部一同。皆が再びこのように笑顔で迎えられる時は訪れるのだろうか?
唐突に始まった めだかVS鶴喰戦。先週は右足、今週は左足を食らわすも、全く動じない鶴喰。廃神モードを見せてとの声に、それよりも最新の混神モードで答えます。さすがは めだか! 進歩の速さが尋常ではありません。ただ、「弱さと強さをあわせ持つ」んだったら別に弱さはいらないと思うけど、せっかく新しいモードを作ったんだからここは黙って見守っておこう…

裸エプロン同盟陣営では球磨川が今後の戦略を発表中。名付けて「新選組フォーメーション」。あの新選組とのことで ジロちゃんがチャチャを入れたら激しく落ち込む球磨川。なんか…ちょっと可愛らしく思えたりして(笑)。実際のところ新選組が卑怯者かどうかは個人の判断によります。でも厳しい戒律を己に掛けていた(脱退は切腹とか)上での行動なので、相手に厳しいけど自分にも厳しいのは間違いありません。
medaka111121-1
僕たちの目的は戦いを止めることであって勝つことでない。勝っちゃダメとも言える。究極的には戦うことではないと言い、これから始まるのは「自分との戦い」だと。

でもその「自分との戦い」を真っ向 否定するのは安心院さん。ここんとこがムリヤリこじつけてる気がしてなりません。「自分との戦い」と言っても自分を敵と見なしているわけでないでしょ? なのにそういう視点で「自分は味方だ」「己を敵としてしまったときこそ 真の敗北者になる」と言われたってわけわからないのですが。

それはそうと、今まで背中ばかりを向けていた不知火半纏の能力が判明しました。それは「スキルを作るスキル」。テーマが矛盾してたりするのはダメだけど、基本的にはどんなスキルも好きなだけ作れるらしい。これを使って善吉を主人公に仕立てる糧とするのはいいとして、例えで出した「時間を止めるスキル」と「空間を切断するスキル」はジョジョ(ディオ、承太郎、億泰)から、「光を操るスキル」はワンピの黄猿がモデルでしょうか。どーでもいいけど黄猿の誕生日は11月23日でもうすぐだ。
medaka111121-3
善吉が考えた上で要求したスキル──棒線だけで表していて何を語ったのかはわかりません。が、とんでもないことなのは確か。安心院さんが「頭 おかしいんじゃねーの お前…」と呆れるぐらいですから。
これは読者ひとり一人で随分意見があるでしょうね。私は全然予想がつきませんけど

その頃 めだかは鶴喰に苦戦を強いられてました。それも一方的に。混神モードにしたのが悪かったかどうか知らないけど ここまでやられるのは珍しい。鶴喰が手にしている独楽は「掌の上で踊ってる」という意味とも感じられますが…
medaka111121-2
最終回と出てきたけどこれは「これでお前も最後だな」などというセリフの意味であって実際は違うでしょう。善吉と戦う前に負けてしまうわけにはいかないけど めだかに勝算はあるのだろうか!? ちなみに最終回の直前に主人公が死んでしまったというのは善吉が好きだという「仮面ライダー龍騎」です。 つづく
<Amazon>めだかボックス 13 *12月2日発売。人気投票結果の詳細が載ります
スポンサーサイト