oz120510-
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第1話
パチスロ「コードギアス 反逆のルルーシュ」がようやくホールに出回り始めました。「亡国のアキト」のプレミア映像が流れる演出もあるらしく、打たなくとも(というか、新機種なので打とうにも打てない)見る価値はあるので足を運んでみてください。私はホールで無料配布のガイドブックを手にしましたよ。
そんなタイミングで「双貌のオズ」の連載がスタート。アニメ1期と2期の間で行われた"二人のオズ"の戦いの物語が描かれていくことでしょう。ちなみに前回のプロローグは下に。
 「コードギアス 双貌のオズ」 アニメ1期と2期を繋ぐ二人の戦いの物語

オルドリン・ジヴォン(通称 オズ)のチーム「グリンダ騎士団」は紅蓮弐式と戦っていた。え?何で? ここは日本じゃないハズだけど? つーか、時期的に紅蓮弐式と戦うわけがないんだけど?? そう思いつつも戦いは進みレオンハルトが押さえている隙にオズがトドメの一撃を…と思ったらエネルギー切れ。シミュレーション訓練ではグリンダ騎士団は敗北となりましたー。

ってな調子で始まった本編。1話だけに身の回りを紹介する展開です。グリンダ騎士団は4人のチーム。
・ソキア(女性)は競技用ナイトメアフレーム(KMF)リーグで活躍する花形スター。ただしよく壊すらしい
・ティンクは技研のテストパイロットから軍に入隊
・レオンハルトはまだ軍歴の浅い若輩者
・オルドリン(女性)はある人の騎士となるため貴族から軍に入隊
そのある人とはグリンダ騎士団の団長であり、ブリタニア第88皇女である マリーベル・メル・ブリタニアです。
oz120510-1
通常は上の画像のように優しいマリーベルですが、テロリストに対する決意は下のように険しくなります。なぜなら母と妹をテロによって失ったから! マリーベルとオルドリンは小さな頃から仲の良い友達でした。しかしテロによってマリーベルの母と妹は他界。それに悲しんだオズは将来 マリーベルの騎士となることを誓う。マリーベルも手に入れた力の全てを使い、テロリストに対抗する組織を立ち上げました。それこそが 対テロリスト遊撃機甲部隊「グリンダ騎士団」です。
マリーベルとオルドリン。二人の絆は固く熱い──
oz120510-2
そんな一方では読者サービスが今回もありました。オルドリンとソキアのシャワータイム。コミックスになったら修正されるかどうかを心待ちにしておこう。

グリンダ騎士団設立にはシュナイゼル殿下も協力したようで、その人脈からエリア11(日本)で活躍したKMF ランスロットの量産型用実験機「ランスロット・グレイル」がオルドリン専用として到着します。運んできたのはもちろん ロイド伯爵とセシルさん。アニメでお馴染みの人が登場するのは嬉しいね。こうして自分専用のKMFを手に入れたオルドリンは次なる目的地 アルジェリアに向かうことに。
しかしそのアルジェリアにはもう一人のオズが居ました!
oz120510-5
しかも既にギアスを持って!
この男の名はオルフェウス・ジヴォン、通称 オズ。オルドリンと同じ「ジヴォン」姓なことから二人は兄妹(姉弟)といったところか。なぜ相対する立場になったのかはそのうち語られるとして、今回使ったギアス能力が不思議。ブリタニアの司令官かと思ったらオルフェウスと司令官の二人に分裂したのです。実際そんなことあり得ないと思うので、恐らく錯覚を見させる能力ではないだろうか。二人の対峙は近い! つづく

「コードギアス双貌のオズ」公式サイトが10日に正式オープンしました。KMFの能力など前もって知ることができるのでご覧ください。
ニュータイプ A (エース) Vol.9 2012年 06月号 [雑誌]

角川グループパブリッシング (2012-05-10)
スポンサーサイト