toal120512-5
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の57話
オルソラ編もいよいよクライマックス! ただでさえ3000℃の灼熱の魔人であるイノケンティウスが、4300枚ものカードによって巨大化。その圧倒的な力の差を見せ付けられたローマ正教の教徒たちは一斉に戦意を喪失。いくらアニェーゼが鼓舞しようとその声は届きません。
アニェーゼと当麻、その雌雄を決するときが訪れます。

「蓮の杖(ロータスワンド)」を手に色々と考えを巡らせるアニェーゼ。先ほど攻撃を無効化されたことから小刻みに攻撃して足止めすべきだと考えるものの、恐怖心も重なって自分で自分を追い詰めてしまいます。ステイルの投げたタバコが地面に着くのをきっかけに二人が同時に動き出す!
toal120512-
勝ったのは当麻! 前回は下アゴに一発お見舞いし、今回は左顔面に もろに直撃。いつもならお説教しながら相手を言い負かすところがあるけど、今回は一言も発しないまま"男女平等パンチ"を見舞ったのは珍しいかと。勝利に喜ぶインデックス陣営ですが当麻が倒れてしまって病院へ──
翌日になって目覚めた当麻。それはいいけど美人でエロいお姉さんが付き添ってくれているではあーりませんか。彼女こそ神裂火織。世界でも20人ほどしかいない聖人です。当麻はインデックスがやって来た際に彼女と戦ったことがあるものの、記憶を失っていることから思い出せないのも無理ありません。
toal120512-2
またそれと同時に神裂の身体を見て「エロイな」と思ってしまうのも当然でしょう(笑) なんで聖人と呼ばれる人がそんな服装してるんだよと。つーか、当麻があからさまにこう考えたこと自体が珍しいと思います。
今回の一件を誤る神裂。当麻は一般人に過ぎず、宗派同士の争いごとに巻き込んでしまったことを申し訳なく思ってました。ただでさえインデックスが来た際での借りがあるのに、更に巻き込んでしまったことでお詫びに何かをしたいみたい。
toal120512-3
当麻の言葉に頭の中でエロいことを考えてしまって思考回路がショートしてしまう神裂です。これというのも土御門からの あらぬ入れ知恵が原因。でも当麻への気遣いは後に「堕天使エロメイド」となって示されることからあながち無駄ではありませんでした。

エピローグは始まりと同じく 最大主教(アークビショップ)とステイルの会話。この一件でオルソラはイギリス清教に改宗し、天草式も傘下に入ることになりました。オルソラがローマ正教にそのまま残っていたら殺されていたかもしれないので、死なずに済んで万々歳とする最大主教。
でも彼女の真の狙いは神裂にありました。神裂はなにせ神と戦ってもヒケを取らないといわれるほどの実力者。イギリス清教としても飼い犬に手を噛まれるかもしれません。そのために天草式を傘下に入れた(つまり人質とした)ことを知って身震いするステイルです。
toal120512-4
笑顔の裏に隠された冷徹な判断を知って「あの女狐めが」とつぶやくステイルでした。 オルソラ編終了──

原作7巻がこれにて終了。いつもなら一ヶ月休みを取って再来月から新章突入ですけど、今回は休まずに来月号からスタートです。美琴が出るそうだから原作はそのまま8巻でしょうか。美琴が淡希と戦い、後に黒子と結標が戦って黒子が負傷する展開になっていきます。
スポンサーサイト