saki120519
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の97局
約一ヶ月ぶりの掲載です。永水女子の霞さんが内なる魔物を解放して本領発揮! 場を強制的に"絶一門"状態にしてしまいました。それは自分のところに萬子だけとか筒子だけとか集められる能力で、これに姫松高校の末原は圧倒される。ただでさえ嶺上開花を普通に連発してくる咲に、「先制リーチをした相手に和了(あが)る」能力を持つ宮守女子の姉帯さん、こんな怪物たちに囲まれているプレッシャーで気が休まるハズもありません。
「思考を止めたら終り」を自分に言い聞かせ、"凡人"の末原は昔のことを思い出す──

それは昔 さんざんやった三人麻雀「三麻」のこと。実際ソレが役立ったのかは知りませんが早い手で押し切り"絶一門"地獄から脱出。それが上の画像です。見るからに苦戦の末にもぎ取ったという表情をしてますね。
和了られたことに永水女子のメンバーもいぶかしげ。どうやらメンバーも知らない、霞さんの弱点があるようです。

それを知ってか知らずか咲も動く! 得意のカンをしてきました。「もしかして嶺上?」と誰もが思うも、そうではなくリーチを宣言。ならばと姉帯さんも 追っかけリーチ!
saki120519-
末原さんと違い 姉帯さんの表情は楽しんでますねー。追っかけリーチをしたってことは咲が振り込んでしまうのか? その通りに姉帯さんの和了り牌を引くも捨てずに槓を。
saki120519-1
咲の連続槓キタ━━(゚∀゚)━━ !!
県予選決勝で見せた大逆転劇を思い出します。それはそうと胡桃ちゃんが白望さんの膝の上で「充電」してるのも見逃せない。この二人はやはりデキてるんでしょうか!?
霞さんの弱点を突き、姉帯さんの手を受けきりながらも嶺上で和了るのが主人公たる咲の真骨頂! 背景に花も咲きますよ。
saki120519-2
これに驚く三人です。でも感情は人それぞれで、姉帯さんはミーハー的に嬉しがっている様子。霞さんは仕方ないといった表情に対し、青ざめるのは末原さん。「メゲるわ…」とのつぶやきが やるせなさを感じさせます。まるで猛獣の檻の中に迷い込んだ小動物のようで、末原さんの明日はどっちだ!? つづく

咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス) *共に6月25日発売
スポンサーサイト