oz120710
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第3話
今回からもう一人の主人公、オルフェウス・ジヴォンが本格参戦! アルジェリアで反ブリタニアの戦闘活動をしている「サハラの牙」の掃討に成功したオルドリンらのグリンダ騎士団ですが、その間にペジャイア基地を陥落されてしまいます。それをやった人物こそオルフェウスの一味たち。
オルドリンたちを回収して急遽ペジャイア基地に向かうのですが…

初の戦闘で怪我はしなかったものの直撃弾を食らったショックで精神が滅入ってしまったソキア。克服できるなら良し、できなければ騎士を辞するべきとティンクは言う。確かにその通りです。いくら競技用ナイトメアの操縦が上手くても、実戦で役に立たなければ戦場に来るべきではないのだから。
ソキアを欠いた三人でペジャイア基地に降下します。

待ち受けるはオルフェウスが乗る白いナイトメア・白炎。紅蓮壱式をベースにオルフェウス用に改造されたもので、輻射波動は無いものの数種の武器を備えている右腕が特徴です。時にはノコギリのようなハサミ、時にはパイルバンカー?と武器を取り替え翻弄。そして…
oz120710-
ティンク、レオンハルトがあっさりと退場!
エエェェ(´Д`)ェェエエ 4人だったグリンダ騎士団が一気に半減。実質 オルドリン一人のみという惨憺たる状態になってしまいました。うわー男キャラが全て消えちゃったよ。これじゃソキアに復帰してもらうしかないじゃん。
新型のランスロット・グレイルに乗るオルドリンはさすがに上手く互角といったところ。ならばとオルフェウスが打った手は、白炎のカブト虫のようなツノに設置されているゲフィオン・ブレイカー。サクラダイトを停止させ、ナイトメアを動けなくしてしまう奥の手です。もっとも自機も停止してしまうので、パイロットを直接殺傷するしかありません。
oz120710-2
こうして二人は遂に邂逅する! それは性別は違うとはいえ全く同じ顔でした。それも当然、二人は実の兄妹なのだから! ジヴォン家は女傑で知られており男として生まれたオルフェウスは棄てられたのです。もちろん二人には兄妹が居たことなど知らされていません。
なぜ同じ顔をしているのか? 敵でありながら見つめあうオルドリンとオルフェウスです── つづく
スポンサーサイト