mayo120724
『月刊コミックアライブ』連載、「まよチキ!」の4巻です。
ちょうど一年前の7月にアニメ化されたこの作品。原作ラノベの最終巻も発売し、漫画はいったいどこまで続くのでしょうかね。この4巻は夏休み中の出来事ばかり7編、それぞれが単エピソードで独立しています。多くがアニメ化されたエピソードなので思い出しながら読んでみてください。

で、この作品といったら数多く登場する女の子たち。スバル・奏・マサムネ・ナクル・妹の紅羽まで、少なくとも1度は主役のエピソードがあります。中でも思いがけない表情を見せてくれたのが奏とナクル。
mayo120724-1
奏(右)はシャックリが止まらなくなった話で近次郎から不意に「可愛い」と言われて赤くなってしまいます。普段は高飛車な態度だけに、この表情が男心を刺激するんだよねー。またナクル(左)はアニメのラストエピソードで近次郎とデートする話。ここでもメガネを取った素顔に可愛いと言われて赤くなる、困ったような表情に"萌え"ですよ。この子はグラマラスなボディにこの顔なんだから、BL好きでなけりゃ相当モテるだろうだけに残念です。

もちろんセクシーシーンもありまして、その代表格はマサムネ。
mayo120724-
一度だけながらビーチク解禁しちゃってます(右の画像)。雑誌の掲載時はどうだったか知りませんが、たぶんコミックスで描き加えられたんじゃないでしょうか。左の画像はスバルが酔っぱらって脱ぎだしてしまうところ。さすがに全部は脱ぎませんけど近次郎の首元に吸い付くなどして羨ましく思えます。

多くがギャグタッチな話なんですが、さすがに最後だけはシリアスで締め括ってます。それは夏休み最後の日の夜のこと。奏のもとにスバルがやって来て近次郎が好きなことを打ち明けます。
mayo120724-2
口ではスバルを応援すると言っておきながら、内心では揺れていました。スバルに言われたことで自分も近次郎が好きなことにようやく気が付いたようです。言ってることと思っていることの違いに胸を痛める奏でした──

次からはアニメ化されてないエピソードに突入し、ナクルの姉・シュレディンガーが登場するようです。この人も美人なだけに楽しみだ。
まよチキ!  4 (アライブ)
にぃと
メディアファクトリー (2012-07-23)
スポンサーサイト