toal120728
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の52話
犬ロボットを全て倒したとはいえ息も絶え絶えな湾内さん。でもまだ強気な馬場。なぜなら温存しておいた予備の機体がまだあったから。湾内さんの能力を完全に把握しているだの、いかなる状況に応じて手を打つのは基本だの、あくまで上から目線の馬場。
そんな馬場に鉄槌が下るときが来ました!
頭が水球で囲まれて窒息状態に陥る馬場。それはもちろん湾内さんの能力なのですが、無くなった水をいったいどこから持ってきたというの? それは排水溝の中。馬場は湾内さんが操れる水の上限を三つと判断したけれど実際は四つで、判らぬよう操っていたのです。自慢の観察力で全てを知ったつもりが実際にはアテにならなかったこの現状。
馬場よ大声で言ってやる ざまあみやがれ!!
toal120728-
更に泡浮さんも犬ロボットを倒して復帰。ここでも馬場は泡浮さんの能力を念動力(テレキネシス)と判断したけれど実際には浮力を増減させる「流体反発(フロートダイヤル)」が正しいもので、奥の手だった蚊ロボットもあえなく撃退。打つ手が完全に無くなった馬場は掌を返すように下手に出るも、そこは湾内さんのビンタが火を噴きます。紙のように薄っぺらい馬場のプライドは切り裂かれて泣きながら逃亡ときたもんだ。

しかし下手にプライドの高い馬場がその程度で参るハズがありませんでした。とっておきの巨大カマキリロボを稼動させて復讐を誓います。
toal120728-1
あ~あ、今度は性的な意味で陵辱するとか言ってるよ。馬場は本当に性格がクソだな。このタイミングで現れたのが我らが美琴。婚后さんを傷付けられた怒りの前にはカマキリロボなど ハエや蚊と同レベルでしかなく正に瞬殺です!
尚、この際に馬場は美琴を御坂妹と間違えてます。つまり昨日誘拐したのが御坂妹だと知らなかったわけで、ここんところの情報はどうなってるんでしょ? 少なくとも馬場の知らないところで別の思惑が働いているようです。
toal120728-2
今度ロボを見かけたら潰すと目を見開かれて言われ、その気迫に失神KOとなりました。それでなくとも約半月後に馬場は某所で脱出不可能な場所に閉じ込められるのだから、不憫とさえ思えたりしてね。 つづく
来月号は休載で、次回は再来月号になるのでお気をつけください。
スポンサーサイト