medaka120820
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第158箱
先週の「めだかボックス 6人の婚約者と影武者のまとめ」の記事にも書きましたが、ジャンプ公式ページで配布している今月のPC用壁紙に めだかがあります。手ブラジーンズのイラストですから実際に使用しなくても保存する価値はあると思うぞ。今月までなのでお早めに。
  今月のカレンダー壁紙(ジャンプ公式ページ)

「消失しりとり」も大詰め。ここで桃園が あることに気が付いて動揺し始めた。何事かと残りの文字を表したのが上の絵です。めだかは「つくりご(作り碁)」として「れ」を残すのに対し、桃園は「こうさん(公算)」と答えれば全てを使い切って勝利に。もう勝ちが決定しているのになぜ動揺せねばならないのか?
medaka120820-3
それは公算ではなく降参と、めだかが言うように追い詰めたからでした。桃園は言葉が作れない文字をただ残していったのに対して、めだかは最後が「こうさん」となるように仕向けました。その意図が気付かれないために めだかは、「う」「さ」「ん」の言葉が出ないよう、14人の人間が34時間の会話の中で一度も出てこないようコントロールしていたという!
medaka120820-1
読み返して確かにその三文字は使われてません。ただし口にはせずに心の中で思った言葉には出てきましたけどね。もっとも「硫酸霧(りゅうさんむ)」と めだかが真っ先に口に出したじゃないかと突っ込む人も居るでしょう。が、それは めだか自身が言ったのであって、他の人が言ったのではありません。念のため。

ここに居る全員の言葉を操ったこと、最後が「こうさん(降参)」となるよう仕向けられたこと、言葉使い(スタイル)の桃園にとってそれは高みから見下ろされたと感じたに違いありません。"降参"ではなく"公算"と答えれば問題ないものの、めだかの一回りも二回りも大きな能力に抗う気持ちは残っていませんでした。
medaka120820-2
降参と答えて めだかの勝利。この 人の気持ちに勝利をゆだねた格好は、めだかに取っては初めてのケース。これというのも人の心を理解できたからと黒神舵樹は喜びます。
最後は全員救出して善吉の怪我も治して一件落着。「漆黒の花嫁衣裳」編終了となったわけですが、ちょっと物足りないと感じざるを得ません。結局は鶴喰博士が黒幕だったわけで、その鶴喰博士はいったいどこに!? まぁそれが次に繋がるかもしれませんが。それと好き放題にやってた武器子さんに何らかのお仕置きが必要だと思うのですよ。全員で袋叩きにするも良し、「月氷会はもう解散ね」と経済的に追い込むも良しで。
そうそう、贄波さんが転校してくるかも。このように戦った相手が次々と仲間になっていく男塾システムは歓迎します。 つづく
コミックカレンダー2013 めだかボックス めだかボックス 第2巻 [Blu-ray]
コミックカレンダー2013 めだかボックス *11月22日発売
めだかボックス 第2巻 [Blu-ray] *8月29日発売
めだかボックス 17 (ジャンプコミックス) *9月4日発売
スポンサーサイト