saki120921
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の101局
更新再開します。悪かったのはPCじゃなくモニターの方だったというオチでした。明日には新しいモニターを買うつもり。今なら23型ぐらいが平均ですかね?
寝てる和(のどか)が見る夢は穏乃たち。この場面は『阿智賀編』なら3巻第9局、アニメ阿智賀編なら第10話にあたります。ふ~ん、ここだとエトペンの位置が違うんだ。なぜ今になってこの夢を見たのだろう? 玄さん、穏乃、憧らの阿智賀こども麻雀クラブのメンバーの夢を…。これは後に起きる予兆というものでした。

時間を見てタコスを叩き起こします。なぜなら高遠原中学時代の すばら先輩(本名 花田煌(はなだ きらめ))が登場する試合が始まっているからです。目覚まし時計を止めたのはタコスのせいだとするも、そもそも すばら先輩が出場していることを偶然知った和としてはどっちもどっちだと思います。誰が出場してるのか調べればわかるのだから。
saki120921-
すばら先輩と照は2回戦の中継で見ているので驚かないものの、この人が映ったからには驚かないわけにはいきません!
saki120921-1
そりゃ驚くわな。中一以来ご無沙汰していた、いや、ついさっき夢に出ていた玄さんがテレビの中で打っているのですから。つーか、和は阿智賀が出場していることさえ知らなかったってどこまでノホホンとしてるの? 他校に関心がないにも程があるだろ!? 永水女子のハッちゃんが背にしていたボゼの仮面にもビクついてたし、和ってしっかりしてるようで自分以外に興味が無いっぽいんだな。

阿智賀のメンバー表を手にして微かに震えが見てとれます。穏乃が居るし憧も居る。そして監督が赤土さんなことを知って実際に会場に行くことにした和です。(その割には感動の再会とは言い難い、さばさばとした再会をするんだよねー)
タコスと咲も同行するのですが、会場を前にして足が止まってしまうのは咲でした。ここで この漫画の根本的要素である咲と照との確執にスポットが。
saki120921-2
幼い咲と一緒に居るのは帽子を被った女の子。点滴、火事、燃える車椅子…と、断片的に記憶が蘇る。私は今まで両親の決別が不仲になった要因だと思っていたのですけど、この女の子を巡る出来事が重大な要素だったんですね。思っていたよりドロドロとした確執になりそうな気がします。 つづく
スポンサーサイト