medaka120924
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第163箱
先の「サキよみ ジャンBANG!」は豊崎さんと英美里さんの困り事を皆が解決するという内容でした。豊崎さんはともかく英美里さんの「お菓子を食べ過ぎてしまうので何とかして」の相談は「知らんがな!」の一言で片付けられてもしょうがないよな(笑)。
今週号のカラーページに「貧乏神が!」とのコラボイラストがありますけど、このイラストのクリアファイルを26日限定でAKIHABARAゲーマーズ本店で無料配布するそうですから近郊の人はゲットしてみてください。
 貧乏神が!×めだかボックス コラボキャンペーン告知
って、今週号で50名にプレゼントするクリアファイルが無料で難なく手に入るなら行くしかないんじゃねーの?

帯さん自身が武器とされ、乱入して来たのは獅子目言彦! それでいて帯さんは「その調子で客人をもてなせ」と言うなんて あんた相当のMだな。
善吉が延髄斬りを食らわすも蚊程度しか思わず粉砕。球磨川に至っては攻撃する前に倒されてしまいます。
     圧倒的
この言葉しか見つかりません。いつもなら真っ先に飛び掛りそうな めだかでも雰囲気に圧されて手が出せない様子。いったい あいつは何者なんだ?
medaka120924-
それは安心院さんが五千年前に戦って初めて勝てなかった人間とのこと。安心院さんが勝てなかった、しかも1億回以上も敗北を重ねたとは どんな奴なんだよ!? いや、注目すべきはそこよりも「人間」であること。
いったい どこが人間なんだ? ほとんど怪物じゃん!
頭にあるツノと炎は何? これでいて人間とはとても思えないんですけど!!
安心院さんはコイツを目の前にし、半袖が「不知火の里は世界を守っている」と言った意味を知る。里はコイツを封印するためにあったんだと。そして半袖が里を出られない理由がそこにきっと関係してると──

安心院さんの言葉に甘えて皆を持ち帰る めだか。この際、何の怪我もしてない怪儡(いや、安心院さんにスキルを食らったっけ)を気絶させて運ぶところが個人的にツボです。怪儡にとってはこっちの方が災難じゃね?
この間、言彦から皆を捕まえれば助けてやると取り引きを持ちかけられた安心院さんですが…
medaka120924-1
真っ向否定! 今までツンデレ的に協力する姿勢は見せていたけど、堂々と態度で示したのはこれが初。いつの間にか安心院さんの心の中に めだかたちの存在が大きくなっていたことがわかって嬉しいです。
が、言彦無情なり!!
medaka120924-2
それは気円斬のような、八つ裂き光輪のような輪ゴムでした。数々の銃のスキルを発動しながら意味をなさなかったことを、バラバラとなった背景の文字で表現しています。
死因:輪ゴム
新たな死因の誕生です。ガンや脳卒中、または自動車事故とか転落死とか死因は数々あるけれど、輪ゴムという死因はこれが初に違いありません。もっとも、安心院さんのことだからこれでも生きてたりしてね。使者を蘇らせることは無理でも、死にさえしなければスキルで何とかなりそうなのが安心院さんですし。

めだかは逃げ延びたと思いきや、先を越されて絶対絶命! この状況でいったいどう戦う!? つづく
めだかボックス 17 (ジャンプコミックス) めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(上)『水槽に蠢く脳だらけ』 (JUMP j BOOKS)
めだかボックス 17 (ジャンプコミックス)
めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(上)『水槽に蠢く脳だらけ』 (JUMP j BOOKS)
スポンサーサイト