toal121030
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の54話
超電磁砲は今月号から3号連続して表紙&付録らしい。アニメ2期が決まったとはいえプッシュぶりは相当なものだな。3号連続して付いてくる応募券にて「冬川基ILLUSTRATIONS」が応募者全員プレゼントだというし興味ある人はとりあえず買っておこう。

謎のツインテール少女に初春さんを人質に取られてしまった美琴。目的は馬場と同じく妹達の行方です。相変わらずわからないことしてるね。妹達の一人「御坂妹」はとっくに食蜂さんが捕らえてる。なのになぜまた捜してるの? 二人目が欲しいとか?

ここで情報を整理します。食蜂さん(のグループ)は美琴を捕らえるべく雇ったが馬場やショチトルが所属する裏組織「メンバー」。馬場によって捕らえられて食蜂さんの下に。ただし食蜂さんはこれが美琴ではなく妹達であることを知っていた(最初から妹達の捕獲が目的だったらしい)。馬場には新たに妹達の行方を捜す任務が入る。つまり馬場は捕らえたのが妹達ではなく美琴本人だと思っていた。
 ↑
ここのところがわかりません。食蜂さんはなぜ教えなかったのか? 恐らく「メンバー」にも内緒で何かの目的を遂行しているのでしょう。目的を紛らわすべく別荘を襲撃したのは美琴だと、記憶を書き換えたとすればツジツマが合いますし。

離れたところに美鈴ママも人質に取られていることを知り美琴は思案する。優先するのは初春さんか美鈴ママか。
 私は…初春さんを助けるわ
言うが早いかツインテール少女Aを倒して初春さんを救出。ならばとツインテール少女Bは美鈴ママにナイフを振り下ろすのですが──
toal121030-
待ってました! このタイミングで黒子が登場!!
携帯の異変に気付いて近くに潜み、成り行きを見守っていた様子。電動車椅子を惜しげもなく武器にするとは正義心がそうさせたのでしょう。または常盤台の生徒だからこそ電動車椅子の一台や二台は全く気にしないとか? 何とか二人の救出に成功。ツインテール少女の能力だろう液体金属の傀儡と対峙しますが ほどなく幕となりました。

母親を助けてくれたことに礼を言う美琴。親の命を他人に任せるなんてと黒子はつぶやきますが、美琴には確信がありました。
toal121030-1
それは黒子に寄せる全面的な信頼があったからこそ! この顔は間違いなく今回のベストショットです。
もっとも記憶を失っている黒子にとっては意味がわからなかったかもしれないけれど 少なくとも不信感は無くなったんじゃないかな。ちなみに肩を貸した際に「わたくしにはそのような趣味はありません」と言ったのにはワロタ。普段から「そのような趣味」をしてたくせにね。

ところ変って第一七七支部だろう いつもの風紀委員の詰め所。美琴・黒子・佐天さんの三人で都市伝説サイトの話になります。そのサイト名というのが食蜂さんが御坂妹を拉致った際に話したラテン語と同じだという。
そこで出たばかりの8巻47話の一場面をご覧ください。
toal121030-3
そのサイトを突き止めて見ていたというのに「何もありません」と言うばかりか『ファイルは消去されました』との画面が表示されていることに不審を覚えた人は多いハズ。この間に何があったのか?
toal121030-2
どうやら突き止められたことを知った食蜂さんが詰め所を襲撃。そこで初春さんの記憶を消したばかりか、残ったデータも消去させたみたいですね。更に美琴と友人なことを知って人質に取ったらしい。ホント食蜂さんは暗躍してるなぁ、感心するほどに。
でもこのPCでやった限りは痕跡は残っているハズ。そこでエレクトロマスターである美琴の出番。食蜂さんにとって都合の悪いものとは何か、美琴の腕にかかっています。 つづく
とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある魔術の禁書目録 カレンダー2013年
とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
とある魔術の禁書目録 カレンダー2013年
スポンサーサイト