oz121010-2
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第6話
可変ナイトメアの設計では名の知れた技師・ウィルバー卿が突如反旗を翻し、反シャルルの「タレイランの翼」なる組織を結成。帝都ペンドラゴンに向けて侵攻を開始した。よもやの内乱の事態にブリタニア国内は震撼する──

そのウィルバーが居たのが実家が経営する会社なことから、責任を感じて重傷でありながらも出撃しようとするレオンハルト。ここにきて主役であるオルドリンを食う働きぶりです。イケメンなだけに女の子からもっと支持されていいと思うんだけどね。
oz121010
それを止めるのは婚約者であるマリーカ・ソレイシィさん。かなりの重傷であることを知ってるだけに「でも あなたが死んだらわたしは…」と涙ながらに阻止しようとします。確かに貴女が泣くのもわかります。が、一年後には貴女が死んでしまうことを読者は知っているわけで(『R2』18話にて紅蓮弐式に倒される)、そういう意味でこの涙は読者そのものの涙でもあるのです。
それでも新型機・ブラッドフォード(『R2』でジノが乗ったトリスタンの試作機)で飛び立つレオンハルト。帰ってきたら美味しいミートパイをご馳走してくださいと言いながら…
oz121010-
そのレオンハルトがウィルバーとが遭遇。しばし会話するもお互いの意見は噛み合わない。それは各々が信じる正義を全うしているから。互いに可変機であるものの設計したのは共にウィルバー。技術的な知識ではウィルバーに勝てるハズがありません。だいいち重傷の身なので体力的にも敵わず遅れを取るレオンハルト。知った間柄なのでトドメを刺されなかったのがせめてもの救いでした。

このままでは帝都が火の海になってしまう。対抗手段は何かないのか? そこでようやく正主人公・オルドリンの出番。オルドリンの乗るランスロット・グレイルはブラッドフォードと合体することで飛行が可能。一人で敵わないのなら二人で戦ってみせると、初の空中合体に挑みます。
oz121010-1
合体した姿がゴタゴタしている感があるものの空飛ぶ翼を得たランスロット・グレイル。ウィルバーとの最終決着は近い。 つづく
古いけどマジンガーZがジェットスクランダーを手にした時のことを思い出しました(私はソレを本放送で観ていた世代)。♪大空はばたく紅の翼 その名はジェットスクランダー って歌が毎回流れてたなぁ。これ飛んでる時はいいけど地上に降りたら背中にもう一機 背負ってるわけで、機動力が大幅に落ちる気がするぞ。
コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-01-29)
売り上げランキング: 31
スポンサーサイト