劇場に着いたらソレが目的だろう男性客がかなり居て、それだけでワクワクの雰囲気が味わえました。そのシネコンでは最大のキャパである上映館が満席となったのはさすがです。

ストーリーはテレビと同じでしたが前編同様に新作部分がところどころに散りばめられてます。死んだ さやかの復活に関して ホムホムとQべーが話し合うところとか、TV版のオープニングが流れる場面があって最後の塔の上では まどかとホムホムだけが一緒に居る場面とか。

前編で気になったのは泣く まどかがヤケに多いことでした。泣いてばかりなので(そりゃ総集編だからそうなって当然かもしれないけど)内心 腹が立っていたのは事実です。今回も前半部分はそうなんだけど、変わったのはホムホムに未来からやって来たことを告げられてから。 一人でワルプルギスの夜に立ち向かうホムホムを助けようと決意してからの まどかはカッコイイ。こういうところは30分アニメでブツ切りで観るよりも、一気に通して観る劇場版の方が気持ちがグッと入りますよ。

最後になって新作映画の予告が。「魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」です。マミさんが「これ以上 続けるようなら私と戦うことになる」的なセリフを言ってました。見たところ まどかが復活してホムホムと組んで何かと戦うような? 来年公開なので楽しみに待つとしよう。
で、私が貰ったフィルムですが──
madoka121013
ホムホム キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!
メガネをしていることから過去の場面でしょうか。さやかだったら「残念! さやかちゃんでした」と言おうと思っていたのは私だけじゃないよね?
スポンサーサイト