toal121027
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の8巻です。
いや~今回表紙のイメージが今までと全く違うじゃないですか! これまでの表紙といったら
とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 5 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 06―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 07―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
こんな具合に落ち着いた色、悪くいえば地味な色使いだったものが一転してカラフルに。これというのも今まであまり使われなかった黄色がアクセントになっていて、色調が華やかとなりました。アクセントになってるのは食蜂さんの大きなバストもそうですけどね(笑)。

さて、この8巻を一言で表すなら「怒り」でしょう。記憶を操作されて黒子・初春・佐天さんは美琴の記憶が消されてしまう。それに美琴は激怒する。私だけならまだしも友達にまで手を出すなんて許せないと!
「怒り」はもう一つあって(個人的にはこっちの怒りがメインとなります)それは湾内さんと泡浮さん。酷い怪我を負わされた婚后さんの仇を討つべく立ち上がった二人。普段温厚なだけにその怒りは凄まじい。これを応援せずにどうしろというんだよ!

「とある科学の超電磁砲」 常盤台に負けたくない!無能力者が奇策で挑む
冒頭の4ページは掲載時では前の話に入っていたものです。ズラして掲載したのは演出上の理由でしょう。バルーンハンターという競技にて無能力者が常盤台に挑みます。普通なら常盤台の勝利は間違いないのでしょうが、超能力が使えないのなら使えないなりに工夫して挑む姿が素晴らしい。一泡吹かせる姿勢はアッパレです。

「とある科学の超電磁砲」 動き出した陰謀。倒れた御坂妹に魔の手が伸びる
今回も工夫して挑む姿勢はいいのですが、それを指揮していたのが学園都市の裏組織『メンバー』の馬場芳郎ということで話は一転してヤバイ方向へ。風船を割られまいと躱しまくる御坂妹がいいですねー。

「とある科学の超電磁砲」 不在金属を巡って佐天さんがひと騒動に
美琴があわや訴訟沙汰に!? そんなお話です。佐天さんの依頼で初春がパソコンで調べて突き止めたハズなのに、一転して何もなかったと話す初春に違和感を覚えます。これは今月号掲載の話にて何が起きたのか描いてあるので読んでみてください。

「とある科学の超電磁砲」 四面楚歌・孤立無援に陥ってしまう美琴
これを読み終えて洗脳怖えー、食蜂さん容赦無いと思ったね。己の目的のため多くの人たちの記憶を操作している食蜂さんに恐怖してしまいます。
toal121027-
中でもこの三人の記憶が操作されたことに えげつないと感じざるを得ません。メインキャラですよ! それが美琴など知らないとするのはショックだわ。

「とある科学の超電磁砲」 己の正義を貫くために立ち向かう婚后さんステキ
頼れる者がいなくなってしまった美琴に手を差し伸べたのは婚后さん。アニメではお馬鹿キャラな立ち位置でしたが、美琴の話に真剣に耳を傾けて協力を申し出てくれたことは本当に嬉しいよ! 婚后さんへの認識が大きく変わった人も多いのでは? ただしそれだけに次回が辛い…

「とある科学の超電磁砲」 許せない!温厚な湾内さんと泡浮さんが戦いへ
うおおおおお! 馬場許せねぇ!! 婚后さんにあんな仕打ちをするなんて!
漫画を読んでここまで気分が悪くなったのは久しぶりです。
toal121027-1
この気持ちは湾内さんと泡浮さんも同じでした。読者の怒りと、湾内さん&泡浮さんの怒りが見事にシンクロ。二人の活躍に期待する気持ちが高まるのは当然の結果です。
やれー! やっちまえー!
馬場なんぞケチョンケチョンのズタボロにしてやれー!!


「とある科学の超電磁砲」 したたかな馬場の策謀に苦戦する湾内さん
ただし馬場とてむざむざやられる器ではありません。相手を分析して対処する姿が憎らしいほど的確なので、読者にしてもストレスが溜まる一方。
toal121027-2
そんな中、上が連載時で下がコミックス。謎のツインテール少女の初登場シーンなのですが、髪が伸びたと共に黒髪へとチェンジしました。

「とある科学の超電磁砲」湾内さんの華麗なる反撃!馬場は惨めなKO負け
ざまあみろ馬場! 誰もがそう思うだろう結末を迎えます。個人的にはもっと酷い目に遭わせてもいいと思いますけどね。最後のコマでようやく顔を見せたツインテール少女は今月号掲載の話で戦いに。不思議な能力を使いますよ。
とある科学の超電磁砲 8 (電撃コミックス) とある魔術の禁書目録 カレンダー2013年 ポスカレワイドとある科学の超電磁砲 カレンダー2013年
とある科学の超電磁砲 8 (電撃コミックス)
とある魔術の禁書目録 カレンダー2013年
ポスカレワイドとある科学の超電磁砲 カレンダー2013年