toal130428
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の59話
捕まってしまった佐天さんを助けたショチトル。裏切るの?とする警策に、裏切ったのはお前だとショチトルは言い返します。ショチトルを含めた裏組織「メンバー」は統括理事の特命を受けて動くのが通常なのに、警策は依頼者(木原幻生)と共謀して それが統括理事の特命だと偽っていたことがわかった。ならば裏切り者には制裁を下さねばと剣を構える。ちなみにこの剣はノコギリ状の刃が特徴の「マクアフティル」と言います。

警策は戦いに自信があるようだけどショチトルの術式の全てを把握しているわけでない。何しろ「メンバー」において彼女だけは魔術サイドの人間ですから。こんなところでつまずくわけにはいかないと、身の安全を考えて引くことにした警策。別れるに際してお互いがこんな言葉を残したのが気になりました。
警策「今すぐ学園都市を離れたほうがいーよ」(何やら大規模な計画を企んでる?)
ショチトル「ここには命に代えても追わねばならない者がいる」(誰? アステカの魔術師じゃないよね)

一方、木原幻生から「君抜きで『エクステリア』を守り通せるかな?」とメッセージを残されたことに血相を変えてアジトに戻ろうとする食蜂さん。その深刻な顔から相当大事なものらしいのですが、こんなときに渋滞が。昨日、無人バスが爆発炎上したことが原因によるもので、それはオリアナと当麻&土御門の追っかけっこに間違いないでしょう。
toal130428-
仕方ないと食蜂さんの奥の手が炸裂。『エクステリア』に何やら命令したらゴボゴボと何かのマシンのイメージと重なってパワーアップ。道路上全ての運転者の精神が食蜂さんの手の中となり、通行できる道が出来上がりました。
toal130428-1
こんな大規模な精神制御をしたことに驚くよりも「こんな悪魔じみた」と脅威を感じた美琴。いったいどんな手段を使ったのか今のところは知るはずもありません。
この能力は食蜂さんとしてもかなりの精神を使うようで頭を抱えてました。それはそのまま過去の記憶へと繋がっていく…
toal130428-2
まぁカワイイ! 何年前だかわからないけど小学生当時の食蜂さんです。今は今で魅力がありますが私としてはこっちの方が素直そうでイイネ。精神実験のセンターで職員に協力していたところ、とある子を紹介されます。
toal130428-3
それは0号(プロトタイプ) 通称『ドリー』と呼ばれる女の子でした。ドリーとの名前は世界初の哺乳類のクローン体だった羊のドリーに由来するものでしょう。彼女は生まれつき病に冒されていて身体に機器が埋め込まれていた。友達は前に居たけど この身体を見て以来、気味悪がって来なくなってしまった。ドリーの新たな友達になってくれということです。
toal130428-4
以来、食蜂さんを「みーちゃん」と呼び明るくなったドリー。この出会いがどう現在に繋がっていくのか──それはある程度 予想できますね。ドリー=エクステリアとか、ドリーを奪ったのが木原幻生だから許せないとか。
食蜂さんは立場的に敵対する立場にあるものの、このエピソードによってイメージが大幅に違ってくるかもしれませんよ。 つづく
とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) ガールズ&パンツァー 模型道 公式教本 大洗女子学園×黒森峰女学園
とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
ガールズ&パンツァー 模型道 公式教本 大洗女子学園×黒森峰女学園